1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 「10本決めたら終わり」はNG!?ゴールキーパー指導3ポイント

こころ

「10本決めたら終わり」はNG!?ゴールキーパー指導3ポイント

2014年11月24日

キーワード:GKコーチコーチングビルドアップポジショニングメンタル松本山雅FC育成

※COACH UNITED転載記事(2014年10月30日掲載)※

GKがチームに与える影響は大きいと言えるでしょう。GKの活躍で勝つこともあれば、ひとつのミスが失点につながり、敗れてしまうこともあります。試合の結果に大きな影響を及ぼすポジションでありながら、その重要性はそれほど広くは知られていません。またGKを専門的な視点から教えることのできるGKコーチの数は少なく、適切な指導を受けることが難しいポジションでもあります。そこで今回は、GK大国ドイツでGKの指導について勉強し、現在は松本山雅のアカデミーでGK指導をされている川原元樹氏に『GK指導についての疑問』をぶつけてみました。GK指導について興味をお持ちの監督、コーチはぜひ参考にしていただきたいと思います。(取材・文/鈴木智之 写真提供/松本山雅FC 写真/田川秀之)

HT010241-thumb-580xauto-893.jpg

<<ジュニア年代のGKにこれだけは伝えたい!7つの原則

 

■GKのビルドアップとポジショニング

――ジュニア年代のGKを指導する際、抑えておくべきポイントは、どのようなことでしょうか。
 
川原:GKに求める役割はたくさんありますが、ジュニア年代の選手に一度に多くのことを伝えても理解しきれないので、ポイントを絞って指導をすることが大切だと思います。
 
私がジュニア年代のGKを指導する際は、基本技術、ビルドアップとポジショニング、そして『チームコンセプトの中でのGKの役割』にフォーカスしてコーチングをしています。ビルドアップについては、『攻撃の優先順位の中で、どの味方にパスを出すのか』という判断と、正確にパスを届けるためのキックの技術が必要になります。私はU-12向けのGK講習会を行っているのですが、練習の最初に必ずパス&コントロールを行います。そこではボールをしっかり蹴る、しっかり止める、運ぶとはどういうことかを理解してもらいます。
 
試合中、GKが足でボールを扱う際には、正確なキックとボールコントロール、ボールを受ける際の身体の向きが重要です。サイドキックとインサイドのトラップの練習を通じて、「どこにボールを置けば、キックしやすいか」を意識させています。ただGKのポジションに必要なレベルというのは、トップレベルの成人のGKのプレーを含めても、判断や経験の差はあるものの、それほど難しいプレーではありません。極端に言えば、インサイドキックでのボールコントロールとパス、インステップキックのロングとミドルボールのみです。こういったことからも、ビルドアップやディストリビューションの技術は、ジュニア年代で身につけておくべきものだと思います。
 

■あれこれ言わないことが大事

ジュニア年代のGKを指導する上で注意していただきたいことは、『トップチーム(大人)のGKと比較して、あれこれ言わないこと』です。例えば、成長過程にあるジュニア年代の選手にとって、相手のプレッシャーを受けながら大人と同じようなロングキックを蹴るのは難しいプレーです。また、クロスボールの処理やDFラインの背後のカバーといったプレーも、トライ&エラーの経験が必要になり、難易度が高いでしょう。そのため、あまり高度なことを求め過ぎず、ミスをしたことよりも、前に出る姿勢や出るタイミングを見てあげるようにしていただきたいです。
 
「U-12年代でGKを固定したほうがいいのですか?」と聞かれることがありますが、それはチームの状況や選手の個性によると思うので、どちらがいい、悪いとは言えないと考えています。本人がGKをやりたいと言うのであれば、やらせない理由はないと思います。GKは経験が重要なポジションです。早いうちから始めることで、経験面のアドバンテージを得ることができます。一方で、フィールドプレイヤーとしてプレーすることは、サッカーの理解を深めることにもつながります。
 
「キャッチしたボールを、どこに出せばチャンスになるのか」などの戦術的な部分は、フィールドプレイヤーとしてプレーすることで、より理解が深まります。先に述べたように、GKに必要なフィールドプレイヤーの技術は、それほど難しいものではないので、GK一筋でも、ビルドアップやディストリビューションの技術は十分に身につけることができます。また、普段はフィールドプレイヤーとしてプレーしている選手が、紅白戦などでGKをするのも良いと思います。どういうプレーをする選手が、GKにとって嫌なのかが分かりますし、GKの気持ちを理解する一助になるからです。
 

1  2
取材・文/鈴木智之 写真提供/松本山雅FC 写真/田川秀之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(173件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 「10本決めたら終わり」はNG!?ゴールキーパー指導3ポイント

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ