1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. その応援は逆効果!子どもを育てるのは、保護者のこんな言葉

こころ

その応援は逆効果!子どもを育てるのは、保護者のこんな言葉

2013年5月13日

キーワード:メンタル

130331_0603_600.jpg
 
チームは大事だけど、我が子が活躍する姿も見たいという気持ちは誰にもあります。だから「点を取らないと駄目」と怒ったり、「うちの子ならもっと上手」とアピールしたり。「残念ながらそれは逆効果です。お子さんが萎縮し、のびのびとプレーできません」と、メンタルトレーニングの専門家である高妻先生は注意を促します。ではどんな言葉や応援が子どもを育てるのでしょうか?家庭で一緒に行うプラス思考トレーニングも交え、アドバイスしていただきました。
 
 

■プラス思考で子どもとチームを応援する

成長してほしい、実力を発揮してほしい……最初はそんな願いから始まったのでしょう。やがて期待感が悪口や陰口に代わり、「それは駄目」とネガティブな声かけになることも。逆に周囲と比べて「あの子よりうちの子がうまい」というアピールなど、子どもに対する思いは複雑です。
 
『サカイク』に寄せられたアンケートでも、同じような声が聞かれました。
 
【こんな「困った」があります】
 
・自分の子に罵声を浴びせる。「ヤル気あんのかよ?」「夕飯抜きだよ?」「ふざけんな」など。
 
・他のお母さんや子供の悪口を陰で言うお母さん。コーチにも言っています。
 
・前チームにコーチの子供がひいきされていると周りには言ったり、チーム分けについて文句を言ったりするお母さんたちがいた。そういう子供に限ってやる気がなく周りに迷惑をかけていた。
 
「自分の子どもの活躍を望まない保護者はいません。しかし期待が大きすぎて、応援しているつもりが悪口や陰口、ヤジになるのはマイナス思考の典型。しかもこのマイナス思考はお子さんにも伝染するという、面倒な問題も抱えています。」
 
試合中の応援はポジティブな気持ちで、「よかった」イメージが定着するよう、ほめる、励ますことが大切。そして周囲の子どもと協力し、また競争することで、自分の子どもが成長する楽しみを見いだしてください。
 
「これができないと罰を与えるなど、叱って行動を促すやり方は、確かに手っ取り早く効果が出ることがあります。しかしやがてその子は『怒られないと動けない』『怒られなければ何をしてもいい』という人間に成長する可能性も考えられます。」
 
子どもの自立を考え、豊かな人間性を育むサッカーを目指すなら、これは注意したい点。ではネガティブな接し方、マイナス思考を避けるにはどうするのでしょうか?
 
「結局は保護者自身の行動を変えること。それができないと子どものマイナス思考も変わりません。ですから私は家庭で一緒できるメンタルトレーニングを勧めています」。
 
例えばお互いネガティブなことを言ったら、手を十字に構えてポーズをとり「プラス思考ビーム」と叫んで、相手に気づいてもらう。そんな約束から、ゲーム感覚でメンタルトレーニングにトライしてみましょう。
 
【解決へのポイント】
子どもに「こうしなさい」というより、保護者自身の行動を変えること。一緒に楽しくプラス思考のメンタルトレーニングを。
 
130330_1433_600.jpg
 

■子どもの心に火をつける保護者の言葉

子どもに対して厳しい言葉を使うだけでなく、練習内容や試合中の監督やコーチの指示などにも不満や疑問を持ち、ネガティブな発言をする人も多いようです。もしも自分がそうなっていたら要チェック。
 
【こんな「困った」があります】
 
・うちのチームにはいませんが、よく聞くのはチームの批判。やめればいいのに。子供の前で言わないで欲しい。
 
・チームメイトが増えるとポジション争いも起き、試合に出られる子と出られない子が出てきます。そんな時、平等性を訴える人。
 
・試合を全然見に来ないで、子供たちが頑張っている姿を見ずに結果だけを聞いて「また負けた」と平気でいうお母さん。
 
子どもの上達が遅いのはコーチのせい。下手な審判に当たって運が悪かった。子どものへ慰めのようにも聞こえますが、これもマイナス思考の一種です。
 
「お子さんが上達しないこと、試合に負けたことなどを、他人のせいにするマイナス思考から離れて、本人の努力不足と素直に認めましょう。そして改善点を一緒に考えてほしいですね。ミスをしたときこそプラス思考。『試合はとてもよかった。途中のミスを直せばもっとよくなる』と、前向きに話してほしいと思います」。
 
練習しなさいと言うだけでなく、「じゃあ一緒にやってみよう」と保護者が先に立って行動を促すのも大切なこと。
 
「例えばお子さんに自分の夢を聞いたときと、3億円で何を買うか聞いたとき、どちらの答えを生き生きと楽しそうに話してくれましたか?スポーツは内発的モチベーションの高い子の方が継続できる、成功するという結果が出ています。もちろん勉強も同じでしょう。お金がもうかるなどの外発的モチベーションより、子どもの内部から心に火をつけるような、ポジティブな励ましの言葉を大切にしてください」
 
【解決へのポイント】
試合中、試合後はよかったイメージが定着するよう、ほめる、励ますことを優先。内発的モチベーションを高める言葉を意識する。
 
 
参考文献:『今すぐ使えるメンタルトレーニング コーチ用 』『野球選手のメンタルトレーニング 』『基礎から学ぶ!メンタルトレーニング 』(ベースボールマガジン社)
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
 
 
kouduma1.jpg
高妻容一(こうづまよういち)//
1955年生まれ。東海大学体育学部教授。国際メンタルトレーニング学会、国際応用スポーツ心理学会など多数の学会に所属。1994年にはスポーツ心理学を背景としたメンタルトレーニングの組織「メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会」を設立し、日本でのメンタルトレーニングの正しい理解と情報交換を目的に活動を続けている。近著に『子どもの本番力を120%引き出す方法』(PHP研究所)など。
 
メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会のご案内】
●会員/メンタルトレーニングに興味のある人ならどなたでも
●会費/入会金、年会費、なし 参加費は各支部会で徴収するところもあります。
●参加/ 開催日に直接参加してください。予約はいりません。
 
◎東海大学(本部)
毎週月曜日 19:30~21:30 開催(担当 高妻 容一)
東海大学15号館4階第1会議室(小田急線東海大学前下車徒歩15分)
参加費:無料
ただし、大学の休暇期間中は、お休みになります。
 
◎関東支部
毎月第4金曜日(不定期) 18:00~21:00 開催(担当 高妻 容一)
青山学院大学 (開催日程と教室は下記よりご確認ください) JR山手線渋谷駅下車徒歩15分
参加費:一般500円 学生200円
 
◎静岡県支部
毎月第2金曜日(不定期) 18:00ー20:30 開催(担当 高妻 容一)
東海大学付属翔洋高等学校 (開催日程と教室は下記よりご確認ください)
参加費:一般1000円 学生・高校生300円 中学生以下200円 
 
※詳しい日程や開催教室はコチラよりご確認ください
 
1
取材・文/山辺孝能 写真/新井賢一(ダノンネーションズカップ2013より

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(161件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. その応援は逆効果!子どもを育てるのは、保護者のこんな言葉

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『リスペクト宣言』って知ってる⁉ 公式戦で大声や怒声を響かせるのは、もう止めよう
    2016年11月30日
  2. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 中澤佑二選手に聞く、周りに差をつけた食事へのこだわりとは?
    2016年11月29日
  5. 球際の競り合いで勝てるようになる!ルーズボールを奪う3つのコンタクトスキル
    2016年12月 5日
  6. 意外と知らない!メッシやクリロナのように速くドリブルをする3つのコツ
    2016年11月25日
  7. サッカーパパ・ママ必見!子どもの"積極性"を育むバディ流子育て7のコツ
    2016年12月 2日
  8. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  9. みんなドン引き。怒鳴るコーチどうするんだ問題
    2016年11月24日
  10. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日

一覧へ