1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】小学生離れした強い責任感!川上率いるセレッソが初優勝

サッカー豆知識

【全少】小学生離れした強い責任感!川上率いるセレッソが初優勝

2014年8月10日

キーワード:セレッソ大阪全日本少年サッカー大会少年サッカー柏レイソル監督

 8月9日、全日本少年サッカー大会決勝戦、セレッソ大阪対柏レイソルの一戦が行われました。
 
0809_124_r2_c2.jpg
 
 試合の序盤は、レイソルペース。準決勝のレジスタ戦では、試合の入り方に課題を残しましたが、決勝戦ではそこを修正し、前線の中島舜選手や田村蒼生選手を中心に次々とセレッソゴールに襲いかかります。
 
 一方セレッソは、ここまでほとんどの試合を支配してきたため、ほぼ初めての劣勢を味わいます。しかし、守備陣が集中を切らさずに守りきり、攻められ続ける時間帯をなんとかしのぎます。すると、前半の10分を過ぎたあたりから試合は落ち着きはじめ、中盤の阪井暖選手のミドルシュートを皮切りにレイソルゴールを狙います。レイソルは、GK佐々木雅士がビッグセーブを連発し失点を許しません。
 
 結局0-0のまま前半を折り返し、後半に入ると再び流れはレイソルペース。ポストに当たるシュートを2度放つなど、決定機を何度も迎えます。すると後半8分、ようやく試合が動きます。的確なカバーリングでセレッソのピンチを何度も救っていたDF坪井大和選手が低い位置でボールを失うと、ボールを奪ったレイソルはそのままカウンターを仕掛けます。中島選手がボックス内で強烈なシュートを放ち、レイソルが先制に成功します。
 
 今大会初の先制を許したセレッソですが直後の9分、右サイドへ展開すると黄世帆選手がスピードを活かした突破をみせ、マイナスのパスを送ります。そのボールを前線の吉田有志選手がボックス内で受け、ファーポストにシュートを放つと、見事ゴールに吸い込まれ同点に追いつきます。
 
 その後もお互い攻め合いますが、決定機を決めきれず、1-1のまま後半終了。延長戦に突入します。その延長戦でも、お互いが攻め合う展開が続くもGKの奮闘もあり、延長戦でも点差は開かず。最終的に勝敗はPK戦に委ねられます。
 
 PK戦では、レイソルが先行。田村選手が自信をもってシュートを放ちますが、セレッソのGK上林豪選手が見事にストップします。逆にセレッソの1人目のキッカー、キャプテンの川上帆立選手は…
 
続きはスーパースポーツゼビオが提供するジュニアサッカーサイト「Junior Soccer United」で!
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(223件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】小学生離れした強い責任感!川上率いるセレッソが初優勝

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  2. 動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
    2017年2月16日
  3. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  4. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
    2017年2月17日
  7. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  8. 男子による女子への集団いじめをどうするか問題
    2017年2月15日
  9. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  10. あなたが"つい"差し伸べた手が、子どもの成長を止めている
    2015年2月18日

一覧へ