1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】16年ぶりの出場、意外な方法でチーム力を高めるおろちFC

サッカー豆知識

【全少】16年ぶりの出場、意外な方法でチーム力を高めるおろちFC

2014年8月 5日

キーワード:全日本少年サッカー大会

 8月3日、第38回全日本少年サッカー大会が開幕しました。選手宣誓では、高知県代表の潮江JFCキャプテン、楠瀬海選手が「夢はワールドカップ出場。そのためにも今大会で全力を尽くします」と高らかに宣言。4日から一次ラウンドが始まる今大会は、各都道府県代表48チーム(前年度優勝の茨城県からは2チーム)が出場し、日本一を目指して戦います。そして、その日本一を決める決勝戦は、9日に行われる予定です。
 
おろちフットボールクラブ
 
 そんな今大会の注目チームのうちの一つが、選手同士のコミュニケーションを重視している、おろちフットボールクラブ。コミュニケーションを大切にすることで、組織的な守備を手にがしたこの島根県代表チームは、県の予選大会を通じて失点を0に抑え、16年ぶりに全国への切符を手にしました。
 
勝部清監督
 
 組織的な守備が強みのチームだけあって、勝部清監督は「ボールに近い選手が奪いにいく」「全体をコンパクトに守ろう」「カバーリングの意識を忘れない」といったサッカーの基本的な約束事に関して、きっちりとチームに伝えています。とはいえ、先述したように選手同士の意思疎通を重視しているチームなので、監督が戦術でガチガチに選手を縛るということはありません。では、そのコミュニケーションを深める上で、監督が重宝している練習が何かというと…
 
続きはスーパースポーツゼビオが提供するジュニアサッカーサイト「Junior Soccer United」で!
 
おろちフットボールクラブおろちフットボールクラブ
 
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(223件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】16年ぶりの出場、意外な方法でチーム力を高めるおろちFC

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの体を大きくするためにはマスト?牛乳について気になること
    2017年4月25日
  2. 勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい? [池上正コーチングゼミ]
    2017年4月20日
  3. チームに期待を持てず移籍を迷うんだが問題
    2017年4月26日
  4. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  5. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  6. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  7. 送迎も普段使いもレジャーにも!サッカーパパ&ママにとって「使い勝手がいい」3列シート
    2017年4月27日
  8. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日
  9. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  10. 東京国際ユース(U-14)サッカー大会の選手名簿が公開!
    2017年4月27日

一覧へ