1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】8月3日、全日本少年サッカー大会が開幕します!

サッカー豆知識

【全少】8月3日、全日本少年サッカー大会が開幕します!

2014年7月17日

キーワード:全日本少年サッカー大会

-未来のJリーガーが通過するジュニア年代の最高峰の大会-
 
 全日本少年サッカー大会が今年も静岡県裾野市の時之栖グラウンドを舞台に、8月3日から9日まで開催されます。全国の各都道府県予選を勝ち上がった優勝チームが一堂に集い、日本ナンバー1を決めるジュニア年代最高峰の大会です。
 
昨年の決勝戦は鹿島アントラーズJr対名古屋グランパスU12の戦いとなり、2対0で鹿島アントラーズJrが快勝、初の日本一の座に輝きました。
 
鹿島アントラーズJr
昨年の大会で優勝を飾った鹿島アントラーズJr
 
近年はJクラブ勢の躍進が目立つものの、埼玉県の新座片山FCや奈良県のディアブロッサ高田など、地域の子どもたちが集まった街のクラブでも上位に進出するなど健闘しているチームもたくさんあります。戦いはおよそ一週間に凝縮された短期決戦。実力のみならず、短期決戦で波に乗れたチームこそが頂点を極める権利を手に入れます。
 
果たして今大会はどのような大会になるのか、新興勢力の台頭はあるのか、注目が集まります。
 
1977年に第一回大会が開催された全日本少年サッカー大会ですが、当初は、Jリーグが産声をあげる以前から日本サッカーを牽引していた読売クラブのホームグラウンド・よみうりランドで熱戦が繰り広げられました。その後、福島県内に創設されたJヴィレッジと東京都の西が丘サッカー場を戦いの舞台としていましたが、東日本大震災の影響もあり、2011年の第35回大会から現在の静岡県の時之栖での開催となっています。
 
最多優勝回数を誇るのは、現在の戦いの舞台でもある静岡県の清水FCの計7回。日本サッカーどころとして有名な清水のチームが第一回大会の王者であり、その後、第2回、第6回、第7回、第9回から第11回と、大会創世記の全国王者として君臨しました。この清水FCからは、元日本代表の伊東輝悦選手や市川大祐選手、さらには…
 
続きはスーパースポーツゼビオが提供するジュニアサッカーサイト「Junior Soccer United」で!
1

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(233件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】8月3日、全日本少年サッカー大会が開幕します!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ