1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 知ってるとサッカー観戦がもっと楽しくなる!保護者のためのサッカー用語解説(1/2)

サッカー豆知識

知ってるとサッカー観戦がもっと楽しくなる!保護者のためのサッカー用語解説(1/2)

2011年9月 1日

キーワード:日本代表

DSC_7641.JPG

 
いよいよ、9月2日にブラジルW杯アジア3次予選がスタートします。そこで今回は『知ってそうで知らないサッカー用語』について、解説したいと思います。ここに挙げた単語を会話の中に織り込むと、「サッカー通(ツウ)」に見られることうけあいです。さらに、親子でサッカーを見る際のポイントチェックにもどうぞ!
 

■海外組

Jリーグではなく、ヨーロッパを中心とした海外のクラブに所属する選手のこと。ちなみに、Jリーグでプレーする選手は「国内組」と呼ばれることもあります。W杯アジア3次予選に招集されたメンバー23人のうち、海外組は11人。国別では、ドイツでプレーする選手がもっとも多く、6人と過半数を占めています。
 
<ブラジルW杯アジア3次予選 北朝鮮戦(9月2日・埼玉)、ウズベキスタン戦(6日・タシケント)に招集された海外組>
 
槙野智章(ケルン)、内田篤人(シャルケ)、長谷部誠(ボルフスブルク)、細貝萌(アウクスブルク)、岡崎慎司(シュツットガルト)、香川真司(ドルトムント)以上、ドイツ・ブンデスリーガ所属。川島永嗣(リールス/ベルギー)、伊野波雅彦(ハイドゥク・スプリト/クロアチア)、吉田麻也(VVVフェンロ/オランダ)、阿部勇樹(レスター/イングランド)、本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)。
 
今回のメンバー以外にも、乾貴士(ボーフム)、大津祐樹(ボルシアMG)、宇佐美貴史(バイエルン)以上ドイツ、宮市亮(アーセナル/イングランド)など、楽しみな選手はたくさんいます。
 

■ボランチ&アンカー

ボランチは、ポルトガル語で「ハンドル」や「舵」を意味する言葉です。中盤(ミッドフィルダー)の中央やや下がり目に位置し、長短のパスでチームを操ることから、そう呼ばれるようになりました。日本代表が採用する4-2-3-1で「2」の部分がボランチです。日本を代表するボランチといえば、遠藤保仁選手(ガンバ大阪)です。正確なパスと巧みなポジショニングで、攻守に渡って貢献します。ザッケローニ監督も全幅の信頼を寄せており、チームにとって代えのきかない選手といえるでしょう。
 
アンカーは船の錨(いかり)を意味する言葉で、中盤の底に位置し、攻守のバランスをとる選手のことを言います。主に4-3-3のフォーメーションで、中盤が逆三角形型になる際、三角形の頂点でプレーする選手を指します。日本代表のアンカーの主な役割は、相手の攻撃のキーマンを抑えること、中盤のスペースを埋めること、攻守にバランスをとることなど、守備をベースとしたプレーを要求されます。日本代表のアンカーといえば、阿部勇樹選手。南アフリカW杯では、鋭い出足で何度もボールを奪い、ピンチを未然に防ぎました。アンカーがクローズアップされるようになったのも、阿部選手の活躍によるところが大きいでしょう。
 

■バイタルエリア

バイタルエリアには「重大な場所」という意味があります。具体的には、ペナルティエリア付近で、センターバックとボランチの間にできるスペースを指します。得点につながるプレーが多く生まれることから、その呼び名がつきました。日本代表の攻撃の中心・香川真司選手はバイタルエリアを使う名人です。相手チームのボランチとセンターバックの間で素早くボールを受け、ドリブルを仕掛けてパスやシュートを繰り出します。香川選手がバイタルエリアでボールを受けると、チャンスが生まれる可能性大。ぜひとも注目して見てみてください。
1
文/鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(223件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 知ってるとサッカー観戦がもっと楽しくなる!保護者のためのサッカー用語解説(1/2)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  2. 勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい? [池上正コーチングゼミ]
    2017年4月20日
  3. 9歳でなぜサッカーやめたいのか問題
    2017年4月19日
  4. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  7. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  8. 足の速さは姿勢で決まる!足が速くなる姿勢をつくる3ポイント
    2016年5月27日
  9. すぐに、誰でも、簡単に! 速く走るために大切な3つのポイント
    2013年9月18日
  10. 【5/12盛岡開催】子育てのお悩みを解決する『ヒント』サカイク保護者向けセミナー
    2017年4月 3日

一覧へ