1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. 「フォワードでプレーした経験や感覚がディフェンスに生きている」日本代表DF・森重真人

サッカーを観て学ぶ

「フォワードでプレーした経験や感覚がディフェンスに生きている」日本代表DF・森重真人

2015年6月 4日

キーワード:FC東京ディフェンス日本代表森重真人

FC東京の森重真人選手に『サッカーを観る』ことについてインタビューした記事の後編。前回、海外の選手の“ずる賢さ”を観て学ぶことの大切さを伝えてくれた森重選手は、今回、いろいろなポジションを経験する重要性や自分のプレーを観ることの大切さを教えてくれました。ぜひ、お子さんと一緒にお読みください。(取材・文 石井宏美 写真 武山智史)

STS_9332.JPG

 

■フィッカデンティ監督には、ぼくらが見えていない“何か”が見えている

――FC東京、そして日本代表の中心選手として活躍する森重選手が、最近あらためて感じたこと、発見はありましたか?
「ぼくが(FC東京の)マッシモ(・フィッカデンティ)監督を見ていて感じるのは、監督業は難しいということ。監督には、ぼくらが見えてない“何か”が見えているんですよね。たとえば、ぼくたちが“今日の試合良かったな”と思っていても、監督からは“今日の試合は良くなかった”と言われたり、逆にぼくらが“今日はダメだったな”と思っていても、監督は“今日の試合は良かった”と考えていたり。それは選手の気持ちをコントロールするためだけに放たれた言葉ではなく、本質的に良い部分と悪い部分が明確に見えているからこそ。もちろん“なぜダメなのか”を分かっているから、ハーフタイムでしっかり修正して臨むと、後半はうまくいくんです」
 
――試合中に修正することもあるかと思いますが、そういった監督の感覚的な部分は、たとえば試合後、ビデオを見たりした時にあらためて納得する感じなのでしょうか?
 
「だいぶ意識して(試合を)見るようになったり、試合中も感じるようにしています。前半ダメだったとしたら、何がダメだったのかということを、ハーフタイムに監督の指示を待つのではなく、前半のうちに自分たちが発信して修正できるようになれば、より良いですから。見て、読んで、適応させる。だからこそ、ぼく自身、もっとサッカーを知らないといけないなと感じますし、考えながらプレーしないといけないなと思っています」
 
――フィッカデンティ監督の下でプレーして2年目となります。
 
「新しい監督になるたびに、いろいろな発見がありますが、日々面白いですよ。どれが正解というものはありませんが、どんな監督であっても、その監督の様々なやり方を信じて、忠実に表現していきたいなと常に考えています」
 
次ページ:試合中の感覚と、映像で観る自分のプレーには誤差がある
 
 
1  2
取材・文 石井宏美 写真 武山智史

関連記事

関連記事一覧へ

サッカーを観て学ぶコンテンツ一覧へ(29件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. 「フォワードでプレーした経験や感覚がディフェンスに生きている」日本代表DF・森重真人

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  2. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日
  3. 勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい? [池上正コーチングゼミ]
    2017年4月20日
  4. 9歳でなぜサッカーやめたいのか問題
    2017年4月19日
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  7. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  8. 足が速くなる方法!正しい姿勢で走ることでタイムは変わる
    2015年4月 6日
  9. 足の速さは姿勢で決まる!足が速くなる姿勢をつくる3ポイント
    2016年5月27日
  10. すぐに、誰でも、簡単に! 速く走るために大切な3つのポイント
    2013年9月18日

一覧へ