1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. 岡崎慎司に学ぶ!得点しつづける選手とそうでない選手の違い

サッカーを観て学ぶ

岡崎慎司に学ぶ!得点しつづける選手とそうでない選手の違い

2015年1月23日

キーワード:アギーレアジアカップ岡崎慎司日本代表

アギーレジャパンのエースストライカー、岡崎慎司が絶好調です。岡田ジャパンやザックジャパンなど、過去にはサイドハーフとして起用されることが多かった岡崎ですが、現在は所属するマインツ、そして日本代表でも1トップとして活躍しています。(取材・文 清水英斗)
 
MKP_3856.jpg
174cmと小柄ながら、1トップとして所属クラブと代表で結果を残している岡崎慎司(写真 松岡健三郎)
 

■背丈がなくても1トップとして活躍する術

「(アギーレ)監督が、動きを出す1トップを求めているというのは、自分の頭の中にある。動きのないFWを使うのなら、自分を選ばないと思うし。そういう意味では(動きを出すことを)意識しています」(岡崎)
 
ザッケローニ監督は、1トップというポジションに対し、2つの要求を出していました。それは、ペナルティーエリアの幅でプレーすること。そして、中盤に下がらず、相手センターバックに近いところで攻撃の“深さ”を作ること。つまり、岡崎の言葉を借りるなら、「動きのないFW」を求めていたことになります。体が大きく、ハイボールの競り合いも得意なFWのほうが、相性は良いでしょう。したがって、岡崎はサイドハーフでプレーすることが多くなりました。
 
ところが、アギーレ監督は違います。1トップが積極的に動き、たとえば本田圭佑や乾貴士が中に入ってくる動きに合わせて、サイドの裏のスペースを突く。あるいは中盤に下がり、その動きに合わせて香川真司や遠藤保仁が飛び出すなど、攻撃の“流動性”を高める1トップの仕事を求めました。その方針が、運動量のある岡崎の特徴とマッチしています。
 
「ぼくみたいに背丈がないと、前で張っていても、なかなかボールをもらえずに90分が終わってしまう。それが課題だった。たとえば中盤が中に入ってくれるなら、ぼくがサイドに逃げて、フリーで受けて仕掛けることもできる。今までサイドでやっていたプレーを、1トップでも活かせると自分はとらえています。まだチャレンジの途中ですけど、これを対戦相手が強くなってもできれば、自分の成長になるかなと思います」
 
さまざまな経験を経て、今の1トップにたどり着いた岡崎。サイドハーフという過去のポジションは、決して望むものではなかったかもしれません。しかし、与えられたポジションで常に全力を尽くしてきた岡崎は、"流動性を高める1トップ"として、アギーレ監督の要求に答えられるFWに成長したのです。
 
1  2
取材・文 清水英斗 写真 松岡健三郎

関連記事

関連記事一覧へ

サッカーを観て学ぶコンテンツ一覧へ(29件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. 岡崎慎司に学ぶ!得点しつづける選手とそうでない選手の違い

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. プレイヤーズファーストって知ってる?ただ褒めるだけではなく、然るべきタイミングに褒める親になろう
    2017年1月 6日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. 「緊張しても失敗しない!」子どもの自信を育てるメンタル・トレーニング
    2017年1月 5日
  10. フットサルでいじめ・虐待防止を訴える 川崎市が「オレンジリボン・ファミリーカップ」開催
    2017年1月13日

一覧へ