1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 冬本番到来!万全の風邪対策で今年の冬を元気に乗り切ろう

健康と食育

冬本番到来!万全の風邪対策で今年の冬を元気に乗り切ろう

2013年11月22日

キーワード:予防

各地から雪の便りが聞こえてきました。そうなると気になってくるのは風邪。冬でも公式戦やカップ戦が続く子どもたちにとって、風邪は最も避けたい病気です。毎年流行するインフルエンザへの予防接種をはじめ、風邪対策について考えてみましょう。
 
130330_1577_600.jpg
 

■予防接種でイザというときに備える

毎年猛威を振るうインフルエンザ。学校で集団生活をする子どもたちに対して、学校やクラスで流行するインフルエンザにうつらないようにするには、さまざまな対策が必要です。まずはインフルエンザの予防接種をしておくことをおすすめします。予防接種をしていれば万が一、インフルエンザにかかってしまったときにも、症状を軽く抑えることができます。予防接種をしてからワクチンが効果を発揮するまで2週間ほどかかるので、なるべく早めに接種しましょう。予防接種をした日のサッカーはNGですが、翌日からは練習もできます。
 
予防接種をした上で、日々の生活も規則正しく過ごします。外から戻ったら石けんでの手洗い、うがいは必ず行います。また、体温が下がると免疫力が低下するので、風邪対策に入浴はとても大切。カラスの行水では体を温めることはできないので、湯船に必ず入ります。ぬるめのお湯に30分ほどゆっくりと。そして睡眠をきちんととること。学年が上がるに連れて就寝時間が遅くなりがちなので、毎日決まった時間に就寝できるように声かけをしましょう。
 
130331_0362_600.jpg
 

■ビタミンCで免疫力を高める

規則正しい生活とともに大切なのが、バランスのよい食事。ビタミン、ミネラルを積極的に取り入れましょう。イチゴ、みかん、ブロッコリー、ほうれん草、イモ類はビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCには免疫力を高める効果があるので、毎日の献立に加えると良いでしょう。また、人参やカボチャなどの緑黄色野菜にはビタミンAが含まれていて、のどや鼻の粘膜を保護する働きがあります。
スープやお鍋は野菜の流れ出た栄養素も一緒に食べられる上、体を温めることができるので寒い時期にはぴったりのメニューです。ネギ、ニラ、ニンニクなども体を温める効果があります。
 
もし、風邪を引いてしまったら……。揚げものなど油分の多いものは避け、消化のよいおじややうどんなどがオススメ。発熱をするとエネルギーを消費するので、ご飯、麺類でしっかり補給しましょう。ただし、食物繊維の多い野菜は控えます。また、食欲のない場合は果物や果汁でもOKです。もちろん、水分はたっぷりと取ってください。
 
130330_1998_600.jpg
 

■冬も練習後に着替えをすること

夏の間は練習後に着替えていた子どもでも、冬になるとシャツが濡れていないしとそのまま帰ってしまう子どもがたくさんいます。確かにこれからの季節、練習着が汗びっしょりになるということは、そうそうないとは思います。しかし、練習中には夏同様にたくさん汗をかいています。汗を吸ったままのシャツを着ているとその水分が体温を奪ってしまいます。前述したように体温が下がると免疫力が低下し、風邪の原因になります。練習直後は寒さを感じていなくても、すぐに体が冷えてしまうので、冬でも「練習後は着替え」を習慣にしましょう。インナーはもちろん、足もたくさん汗をかいているので靴下も履き替えるようにしたいですね。
 
また、試合の前半と後半の間、試合と試合の間など短時間でもマメに上着を着るなどして、体温の急激な低下を防ぎましょう。ベンチで控えている選手も上着は必須。ベンチコートはあたたかく、脱いだり着たりしやすいので便利です。風邪の予防はもちろん、試合でのパフォーマンスを落とさないためにも、上手に上着を活用することも大切です。
 
 

●おすすめ商品●

30種類の栄養素でお子さまの体調をしっかりサポート!

キレキレ 「ちょっと食事が偏ってるかな」「疲れて食が細くなってるな」というときには、栄養バランスのとれたサプリでサッと栄養補給。お子さまの身体と成長をサポートします!100名以上の現役プロが愛用しているサプリメントと同様の成分が入った『キレキレ』。生活リズムや身体の状態に合わせてお試しください。

ジュニアサッカー専用サプリメント『キレキレ』>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。
1
文/kilohana 前田陽子 写真/新井賢一(ダノンネーションズカップ2013より)

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(162件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 冬本番到来!万全の風邪対策で今年の冬を元気に乗り切ろう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  2. 誰もが心の中に持つ「やさしさ」を引き出す「魔法の声かけ」とは?
    2017年9月13日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日
  5. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  6. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  7. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  8. 育成大国オランダがジュニア年代から5号球を使う理由【PR】
    2017年9月13日
  9. 子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!インナーパットで衝撃から身を守ろう
    2017年9月15日
  10. その褒め方、選手にちゃんと響いてる? 子どもたちが伸び伸びプレーする「声かけ」とは
    2017年9月12日

一覧へ