1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 雨のグラウンドでも滑らない!サッカーの試合中、急発進するときのコツとトレーニング【動画付き】

運動能力

雨のグラウンドでも滑らない!サッカーの試合中、急発進するときのコツとトレーニング【動画付き】

2016年6月30日

キーワード:ターンフィジカルヴァンフォーレ甲府梅雨谷真一郎足が速くなる

6、7月は梅雨の時期。雨で濡れたグラウンドでサッカーをすることも少なくありません。グラウンドがぬかるんでいるときに、よくあるのが“足を滑らせる”場面。シュートを打つ決定機で足を滑らせる。あるいは守備の場面でスリップしてしまい、相手に抜かれてしまう……。ここ一番の勝負どころで足を滑らせないために、なにに気をつければいいのでしょうか? 今回は元日本代表FWで、現在はヴァンフォーレ甲府のフィジカル・コンディショニングコーチを務める谷真一郎さんに“梅雨のぬかるんだグラウンドでも滑らないステップ”を教えてもらいました。(取材・文 鈴木智之 撮影 八木竜馬)

 

DSC_0238_s.jpg
(写真 鈴木蹴一)

 

■自分に合う効果的な足幅(スタンス)を見つけよう

梅雨の時期、土のコートは地面がぬかるんでいたり、天然芝や人工芝のピッチでは、表面に雨水がついて滑りやすくなっています。その状態で滑ってしまう人と滑らない人では、なにが違うのでしょうか? 谷さんによると「もっとも違いがあるのは足幅(スタンス)」だそうです。
 
「それでは実演してみましょう。まず、足を肩幅に開いてください。その状態で、片足で地面を蹴って、反発するエネルギーを感じてみましょう。次に、徐々に足幅を広げて、地面を蹴ってみてください。肩幅から半歩程度足を踏み出した位置が、一番強い反発エネルギーを地面から得ることができると思います。一方で、肩幅より足が広くなりすぎると、バランスが崩れて、地面を強く蹴ることができませんよね。プレー中、この状態になると足を滑らせやすくなってしまうんです」
 
ターンのときの適切な足幅(スタンス)とは? 
 

■サッカーで方向転換などをして急発進するときによくある滑り方

 
サッカーのプレー中、よくあるのが瞬時に方向を変える動きをすることです。とくに守備の対応時に、相手の動きについていこうとして、急激に方向転換をした結果、地面に足を取られて滑ってしまうことがあります。
 
「守備の対応時に滑ってしまうと、大きなピンチを招きます。そうならないために、まずは『これ以上、足を広げるとバランスを崩しやすい』という足幅を確認しましょう。次に、地面から強い反発(地面反力)を得られる足幅を体で覚え、ターンをするときなどに、つねに適切な足幅で動くことができるように意識します。その動きをトレーニングで身につけることができれば、足幅が広がってしまい、ズルっと滑ることはなくなると思います。この滑り方は攻守両方において起こりやすいので、気をつけたいです」
 

■雨のピッチでも滑らない急発進を身が身につくラダートレーニング

では実際に、雨のピッチでも滑らない急発進が身につくトレーニングを紹介します。谷さんは、このステップの重要性を次のように説明します。
 
「サッカーのプレー中、後ろに下がる、前に出る動きを繰り返すことはよくあります。また、左前方に行こうとした直後に、相手のプレーに応じて右前方に行くというように、瞬時に方向を変えなくてはいけないことがあります。瞬間的に足を踏み替えるときに、滑ってしまうことが多いんです。そこで、ラダーを使ってステップを繰り返し、脳に動きの回路を作っていきます」
 
 
やり方
背後にラダーが来る位置に立ち、中央の2マスを使用する。右足を下げて、マスの中に足を入れて、前に戻し、次に左足を引いて、後方のマスに入れ、前に出す。この動きを4回繰り返す。
 
谷さんからのアドバイス
まずは広すぎず、狭すぎない足幅をみつけてください。そして、足の内側の土踏まずのアーチの部分と拇指球で地面を押して下がり、マスの中に足を入れます。このとき、股関節の回旋を使うのがポイントです。一度足を下げてマスの中に入れ、次に前に出ます。応用編としては、下がって前に出る動きを繰り返すパターンがあります。後ろに下がるときは腰をひねり、足のつま先を内側に向けてターンをします。このときのポイントは、再三お伝えしているとおり『ひざをロックすること』です。地面を強く踏み込み、地面反力を得て前に進みましょう。
 
[NG]ラダーのマス目ばかり気にして下を見てしまう
 
そんなときは、ラダーを目の前に持ってきて顔を上げるように促がしましょう

 

次ページ:滑らないターンのコツは、ひざをロックすること
 

【PR】

●おすすめ商品●

雨のグランドでも滑らない正しいターンが身につくラダートレーニング

tani_banner300x300_02.jpg

走り・ひねり・ジャンプなど、様々なステップを取り入れたスピードアップトレーニング。わかりやすい解説テキストとDVD付きで、正しいステップがしっかり身につきます。短いラダーを使うから、ご自宅での自主練にもピッタリ!

 

タニラダー>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。

今すぐできる!足が速くなる練習法
「5人の専門家が教える足が速くなるコツ」を無料配信!

サカイクに掲載された記事の中から、世界陸上メダリスト為末大さんをはじめ、5人のプロアスリートやトレーナーが教える足が速くなるコツをメルマガで配信!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
 
1  2

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 雨のグラウンドでも滑らない!サッカーの試合中、急発進するときのコツとトレーニング【動画付き】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  2. いつものダッシュに"ひと工夫"で「とっさの判断力」を鍛える~アスリート版シナプソロジー~
    2017年2月23日
  3. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  4. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  7. 「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
    2017年2月17日
  8. 子どもが心からサッカーを楽しむためには、まず親自身が心を「良い状態」にすることが大事
    2017年2月24日
  9. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ