1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. すぐに嫌そうな態度をとるわが子が素直に!パパママトレーナー講座の効果とは

親子でチャレンジ

すぐに嫌そうな態度をとるわが子が素直に!パパママトレーナー講座の効果とは

2016年1月18日

キーワード:コミュニケーションパパママトレーナーマッサージ親子

パパママトレーナー講座は、子どもにとってもコンディショニングが重要であることや子どもの体の特徴、体のつくりを学び、正しいマッサージ法を習得できるプログラム。4時間の講座を受講したパパやママはその日の夜から子どもの専属パパママトレーナーとして活躍できます。
 
前半では講座の様子をレポートしながらコンディショニングマッサージのフィジカル面のメリットをご紹介しました。今回はメンタル面のメリットのほか、私たちが日ごろからできる子どもの心に寄り添う声がけについて、ママライターの小林が学んだことをご紹介します。小3のわが子にコンディショングマッサージを行ってみたわが家の実践レポート付き!(取材・文 小林博子)
 
IMG_6391_s.jpg
 
<<その日の夜からわが子に実践!いま話題の1日10分でできるマッサージ講座を受けてきました
 

■パフォーマンスを上げる親の接し方

講座では、
 
・年齢別子どもの心の特性(成長に伴う発達心理)
・子どものメンタルコンディショニング
 
を学術的に学びつつ、私たち大人が子どもと接する際に留意するべきことを知ることができました。
 
日々の生活の中でどうしても行ってしまいがちなネガティブワードをポジティブワードにするだけで、子どもへの影響力は大きく違うのだとか。
 
簡単なゲームを行って、私たちはそれを体感しました。「できない」と5回言って椅子から立ち上がるときのパワーと、「できる」という言葉のあとのパワーの違いに、全員でまたびっくり!
 
こうやって書かれた文章を読んでもいまいちわからないかもしれませんので、もう一つ例を挙げると、私たちは「レモンの輪切りをぎゅっと絞ります」と言われるだけで口の中の唾液が増えますよね。これは言葉が体に与える影響力の大きさを実感できるよい例だそうです。確かに言われてみればなるほど。言葉の力ってすごいようです。
 
そんなことを実感してから、子どもにかける言葉をなるべくポジティブにしようと意識できるようになりました。
 
例えば、
 
「どうして帰ってからすぐに宿題をやらないの?」
 
と聞くのではなく、
 
「どうして夕食を食べてから宿題をするの?」
 
に変えるなど。
 
ネガティブに聞くと言い訳を口にちがちですが、ポジティブに聞くとその子なりの理由をしっかり説明してくれるとのこと。確かにそうですよね…。
 
これは、子どもの力を伸ばすために必要な3つの要素のうちの1つだそうで、その他にも親が子どものことを気にかけ、存在を認めてあげることや、やる気スイッチを入れる言葉がけを積み重ねることによって、メンタル的にも子どものパフォーマンスが上がりやすい環境づくりになるのだそうです。
 

■スキンシップで幸せホルモンを分泌!

コンディショニングマッサージをママやパパの手で子どもに行うことは、親子ともにメンタルへのメリットもたっぷりあるそうです。
 
着目するのはパパやママが子どもの体に「触れる」こと。それにより、触れた側も触れられた側もオキシトシンというホルモン物質が脳から分泌されます。オキシトシンは、別名「幸せホルモン」。心が癒され、情緒が安定するほか、信頼感が増して親子の絆を深めてくれるなど、いいことづくめなのです。
 
マッサージで体のコンディショニングを整えることは他人でもできることですが、子どものメンタルをサポートするのは、小学生にはパパやママがベスト。一番身近にいる存在だからこそ、子どもにとってはどんな優秀なプロのトレーナーよりも時には強力なのかもしれません。
 
ちなみに、このパパママトレーナー講座は、下川路さんがINAC神戸レオネッサのトップチームの選手に行っていたマッサージを、下部組織の選手の親御さんから「うちの子にも」と頼まれたことがきっかけでできたプログラムなのだそうです。
 
次ページ:毎日子どもの体に触れることでわかること
 
がんばるわが子に10分ケア「パパママトレーナー講座」のお申込みはこちらから>>
1  2
取材・文 小林博子

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. すぐに嫌そうな態度をとるわが子が素直に!パパママトレーナー講座の効果とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ