1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】ゲーム感覚! 親子で競おう!サッカー・ファンゲーム

親子でチャレンジ

【前編】ゲーム感覚! 親子で競おう!サッカー・ファンゲーム

2011年2月 2日

キーワード:ゲームトレーニングドリブル判断力練習

海外のサッカースタイルやワールドクラスのコーチング技術を、日本のコーチや選手たちに紹介している「トータルフットボール」。現在、ナイキジャパンの協力のもと、海外サッカーの育成事情に精通したコーチが関東・関西のクラブ、学校へ出向き、トップレベルの練習を無料で実践しています。ウォーミングアップ、スキルトレーニング、少人数でのゲーム形式練習など、効果的でユニークなトレーニングの方法を知るコーチ陣に、親子で楽しめるゲーム形式のメニューを紹介してもらいました。

■小さい子ども達は、できるだけボールに触るべき


「ボールと大親友になれるのは幼少の時期だけ。早ければ早いほど、よりボールと仲良くなれるのです。子どもには"そのボールは俺のものだ!"という意識がとても強く、スペース、チームワークといった言葉は頭のなかにありません。でも、私は"自分以外にも人がいる"という概念を早い時期に教えてもいいと考えています。そして、勝ち負けよりも"戦う""競う"を大事にして欲しいのです。これから紹介するドリブルゲームは、私のお気に入りのメニュー。なぜなら無意識のうちに、選手達が想像力をはたらかせ、知らずのうちに、実戦と非常に近い状況で練習できるからです」

■チャレンジ01 底なし沼

0004531.gif

【準備】
  • 20m x 20mの正方形をつくる
  • 3人をランダムに選び、鬼に指定
    ※その時、鬼はアニメに出てくる悪役の名前などをつけると楽しさが倍増
    (例えば、バイキンマンやポケモンのキャラクターなど)
  • 鬼の数は人数によって変えてOK
    ※ゲームの形勢を見ながら大人が鬼の数を決めていくと良い
    (10~18人ぐらいを追いかける場合は、鬼は2人か3人くらいがベスト)


【進め方】

鬼以外の子ども達は1人1ずつボールを持ち、エリアの中であればどこをドリブルしても良い。もしエリアの外に出てしまったら、底なし沼にはまったという事でエリア内に戻り、ボールを頭の上で持ち、両足を広げてトンネル状態を作って立つ。 そのうちに他の子が、沼にはまってしまった子の足の間にボールを通せば、また自由に動けるようになるというルール。 一回は2分づつくらいで区切るのが適切。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】ゲーム感覚! 親子で競おう!サッカー・ファンゲーム

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ