1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 試合で使える!身体をぶつけて相手DFとのスペースをつくるトレーニング

練習メニュー

試合で使える!身体をぶつけて相手DFとのスペースをつくるトレーニング

2016年5月 3日

キーワード:ドリブルフットプロム一対一動画親子でできる

「あっ、ボールを奪われる」
 
子どもの試合を観戦していると、そう確信することがあると思います。これはボールが奪われてしまう距離に相手ディフェンダーがいるからです。そういったときは、一度ディフェンダーに身体をぶつけて、ドリブルを仕掛けられるスペースをつくることが効果的です。
 
オフェンスとディフェンスが対峙した状態で進み、オフェンスは横にボールを出すと同時にいったんディフェンスに背中を向けます。するとディフェンスは振り向かせない様に距離を詰めてきますので、そこで身体をぶつけてディフェンスを後退させ、スペースを作りましょう。
 
この時、肩だけで当たろうとするとバランスを崩しやすくなりますし、うまくよけられると自分の進もうとする力で転んでしまう事もあります。それを避けるためには重心は中央に置いた状態でおしりや腰から相手にぶつかる事が重要です。
 
普段身体をぶつける事に慣れていない人はなかなか上手くいかないと思いますので、スピードや角度など、どうぶつければ相手を後退させられるか、何度も試してみましょう。
 
動画提供:フットプロム
 
 
■やり方
1.DFが距離を詰めてきているとき、身体をぶつけてスペースを確保しよう!
2.スペースができることでオフェンスが有利な状態をつくれる
3.距離間や角度、スピードなどどうすれば効果的か、身体をぶつける感覚を身につけよう!
 
■ポイント
1.肩だけでぶつかると体勢を崩しやすい。重心を安定させて腰やお尻からぶつかるイメージを持とう!
2.ディフェンスが下がった瞬間がチャンス!すぐに前を向いて次の仕掛けに移ろう!
 
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 試合で使える!身体をぶつけて相手DFとのスペースをつくるトレーニング

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ