1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. 考える力を育てる理想のコーチング!元なでしこコーチが教える6人組パス&ゴー

練習メニュー

2016年3月 1日

考える力を育てる理想のコーチング!元なでしこコーチが教える6人組パス&ゴー

キーワード:なでしこJAPANコーチングトレーニングパスフェイント望月聡

過去になでしこJAPANでヘッドコーチを務めた望月聡さんのトレーニングメニューをご紹介します。
 
今回は、6人組でおこなうパス&ゴーの練習です。途中からディフェンスが入ることで実践的なトレーニングに落とし込みます。
 
 
括目すべきは、望月さんが子どもたちにかけるコーチングです。
 
「試合のときどうやってもらうかな?」
「いま、どうして逆だったのかな?良く考えてみようね」
「いまね、どっちにほしいって合図してたよね。すごい大事だよね」
「そんなに力をつかうことなく、スッとフェイントを入れてみようか」
「試合のとき、自分のほしいタイミングってあるでしょ、それを伝えてみようか」
「いま、なんで合わなかったかな? テツの顔どうだったかな?」
「ほしいタイミングで呼んであげる、そこに出してあげる。すごく大事だよサッカーで」
「みんなこれ、試合中にパス出させないでって言われたらどんなことする? なんかいま簡単にむこう行ってない? そこまでいこうよ。試合のときみたいに出させないでしっかり守備してみようよ」
 
パス&ゴーは基本的なトレーニングですが、望月さんのコーチングによって選手たちの意識が変わり高い質が保たれているのが映像からみてとれます。
 
■やり方
6人が3人ずつ2列に分かれて向かい合い、ひとつのボールをパス交換。パスをした選手は受け手の列の最後尾につきます。慣れてきたらより実践的に、パスを出したらそのままDFとして守備に回りましょう。
 
■ポイント
1.試合をイメージしながらもらう
2.なぜ失敗したかを反省して次に活かすこと
3.フェイントを入れてボールをコントロールする
4.ボールがほしいタイミングで相手を呼ぶ
5.パスの出して/受け手が工夫してパスを通す
 
 
望月聡(もちづき・さとる)//
1964年5月18日生まれ。守山高校、大阪商業大学を経て、1987年にJSL1部の日本鋼管サッカー部に入部。日本代表として国際Aマッチにも7試合に出場する。Jリーグ発足後は浦和レッズへと移籍。1995年からは京都パープルサンガへ移籍し、Jリーグ昇格に貢献した。引退後は京都パープルサンガでのコーチなどを経て、2008年の北京オリンピックサッカー女子日本代表コーチに就任し、ベスト4入りに貢献。翌2009年度からは、びわこ成蹊スポーツ大学の監督を務めるだけでなく、競技スポーツ学科の准教授として教壇にも立っている。
 
 

●おすすめ商品●

望月聡氏のコーチングが学べる

biwako_banner320x250_01.jpgg

頭と体をフルに使わせるトレーニングメニューと、選手自らが考えるように導くコーチング。なでしこJAPANのW杯制覇に貢献したコーチの指導メソッドを凝縮したDVD2枚組。

望月聡のインテリジェンスを育てるトレーニング>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。
1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(360件)

コメント

  1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. 考える力を育てる理想のコーチング!元なでしこコーチが教える6人組パス&ゴー