1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. マルバコーチ直伝! 一対一に強くなる練習メニュー

練習メニュー

マルバコーチ直伝! 一対一に強くなる練習メニュー

2014年12月25日

キーワード:ドリブル練習練習メニュー1対1

うちの子どもは一対一が弱い。
 
そのような意識をお持ちのお父さんお母さん、けっこう多いのではないでしょうか。
 
===================================
サッカーはドリブルがすべてではない。
子どもの得意なプレーでチームに貢献できればいい。
 
それは重々承知しつつも、サッカー少年の親ならば、息子がドリブルで相手を抜き去る雄姿を見たい!どうすれば一対一が強くなるでしょうか?
===================================
 
このような読者の声がサカイク編集部に届きます。戦術的な側面からみても、一対一に強い選手は個人で局面を打開することができる貴重な存在。小学生年代にこの技術を磨いておけば、その後のサッカー人生で大きな武器となり得ます。今回は、一対一に特化した育成で知られるマルバサッカースクールの清水健コーチに、その練習方法を教えてもらいまいた。(取材・構成/サカイク編集部 取材協力/マルバサッカースクール
 
 
 
maruba_zu_01.jpg
 
【ルール】
  1. 親はオフェンスにボールを配給する
  2. オフェンスは青か赤いずれかの門を通過してシュート
  3. ディフェンスは門を通過させないようにディフェンスする
  4. ディフェンスはボールを奪ったらハーフウェーラインまでボールを運ぶ
  5. オフェンスはボールを奪われたら奪い返す
 
【ポイント】
  1. 目的はドリブルではなくゴール
  2. ゴールするための手段のひとつとしてドリブルがある
  3. 相手との間合いを意識する
  4. 相手の動きをよく観て逆をとる
  5. 子どもの可能性を決めつけない
  6. ボールを受けたときに相手の動きを把握する
  7. 目的はゴールするために相手の逆をとり、突破すること
 
 
【オーガナイズ】
オフェンスがなかなかゴールまでたどり着けないときは以下のような工夫をする
  1. ディフェンスのスタート地点を遠くする
  2. ディフェンスは門の横線上しか動けない制限をかける
 
ディフェンスがなかなかボールを奪えないときは、以下のような工夫をする
  1. オフェンスに配球するボールの難易度を上げる
  2. ディフェンスのスタート地点を近くする
 
 
IMG_1128_s.jpg

今回撮影に協力してくれた清水健コーチとマルバサッカースクールの子どもたち
 
 

■ゴールを意識させる

「この練習の目的は、相手をだまして突破することです。それが試合では、ゴールという一番の目的のために必要な手段となります。相手の逆をとる、かわす、はがすことがサッカーではとても重要で、ゴールすることに繋がっていきます」(清水健コーチ)
 
ゴールを最終目的とした場合は、子どもがゴールをイメージできるようにオーガナイズします。
 
ドリブルで相手を抜いたけど、ゴールが遠くてシュートまでいかなかった。
ドリブルで相手を抜いたけど、そこで満足してしまいシュートをふかしてしまった。
 
それでは本末転倒です。なぜ抜くのか、なぜ相手と駆け引きをするのか。そこを意識したうえで状況判断を選択できる環境をつくってあげましょう。
 
次ページ:相手の動きをみて逆をとる>>

【PR】
日本初のサッカーとフットサルを融合させた選手育成プログラムを取り入れるマルバサッカースクールの詳細はこちら>>
 
毎日の練習を効果的にするためにお父さんお母さんが押さえておきたい3つのポイント>>
main_hunmel.jpgのサムネイル画像

1  2
取材・構成/サカイク編集部 取材協力/マルバサッカースクール

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. マルバコーチ直伝! 一対一に強くなる練習メニュー

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  2. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ