1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 大迫選手のシュート①/パダーボルン戦の同点ゴール

練習メニュー

大迫選手のシュート①/パダーボルン戦の同点ゴール

2014年3月18日

キーワード:シュート

【練習の目的】
●シュート技術の向上
 
 
<2014年2月22日 1860ミュンヘン VS パダーボルン戦>
 
前半の早い段階でパダーボルンに2点を先制され、81分に1点を返すも敗色が漂う。そのチームの窮地を救ったのは大迫勇也だった。86分、左サイドからのパスをゴールに背を向けて受けると、一瞬のマークの遅れを利用してトラップと同時にターン。マーカーを置き去りにすると、キーパーの位置を確認し、冷静に右足を振りぬいた。
 
 
■一般的なセオリー
 
一般的なセオリー01
 
一般的なセオリー02
 
一般的なセオリー03
 
一般的なセオリー04
 
 
トラップ→ターン→シュート
 
【やり方】
1.落下点に身体を運び、ボールと相手の間に身体を入れて胸トラップ
2.相手ディフェンダーが届かない右方向にボールを持ち出し
3.半身でシュート
 
 
■大迫選手の選択
 
大迫選手の選択01
 
大迫選手の選択02
 
大迫選手の選択03
 
大迫選手の選択04
 
 
トラップでターン→右足インサイドシュート
 
【やり方】
1.チェックの動きでマークをはがしてパスを引き出す
2.マークがワンテンポ遅れてアプローチしてくるのを確認
3.マークが自分に追いつくまでの一瞬でトラップと同時にターン
4.ゴールキーパーの動きを見てインサイドでコントロールシュート
 
【ポイント】
1.チェックの動きでマークを一瞬だけでも剥がす
2.相手DFとの距離を把握して、ターンできるならターンする
3.シュートはコントロールを重視してインサイド
4.シュートはGKが取りにくいように外巻の軌道にする
 
 
■ボールを受ける前からゴールまでの一連の動きをイメージする
 
バイタルエリアでのファーストタッチはゴールに向くトラップが理想です。しかし相手ディフェンダーを背負っている状態でボールを受けるときは、前を向くと相手DFにボールを奪われてしまう可能性が高いため、相手DFとボールの間に身体を入れてキープするのがセオリーです。ゴールに背を向けてトラップし相手DFを身体でガードしながらターンしてシュート、あるいはボールをキープして上がってきた味方にパス、というのが一般的なセオリーになります。
 
FWの仕事はゴールを決めることです。特に大迫選手はチームに合流してから日が浅く、結果を出して信頼を得なければいけない立場。1860ミュンヘンはブンデスリーガ2部でもFWまでなかなかボールが回ってこないチームのため、少ないチャンスをものにしなければなりません。そこで一般的なセオリーを繰り返してもなかなか結果はついてこないため、大迫選手はファーストタッチで前を向き、シュートを打つことを選びました。パスが出る前にチェックの動きでマークを剥がし、相手DFとの間に生じた隙間を利用してトラップ&ターン。ボールを奪われることなく、シュートチャンスを作りました。さらにシュートは相手GKの位置を確認して、コントロールを重視。ファーポストに確実に流し込みました。
 
試合後に大迫選手は「ゴールまでの一連の流れがイメージできていた」と話しています。もちろんイメージを実現できる大迫選手の技術は素晴らしいですが、ゴールまでのイメージを持つことはジュニア年代からできます。しかし、イメージに足る技術がなくて失敗するかもしれません。そこで失敗を責めないでください。大迫選手と違いジュニア年代の子どもたちは、ゴールという結果よりもイメージを持ちトライすることが重要です。シュートの精度が足りないのか、ファーストタッチのコントロールが下手なのか。失敗すれば自分の技術の乏しさに気づきます。足りない部分を補うために練習することで、成功に一歩近づきます。チャレンジしたことを褒めて、次なるチャレンジを促しましょう。そうして子どもたちの成長を助けてあげましょう。
 
 
■実演
菊池コーチ
菊池健太コーチ
考える力が身につくサッカースクール「シンキングサッカースクール」
考えることを楽しみ、チャレンジすることを楽しむサッカースクール。子どもが考えること、チャレンジしやすい環境を心がけ、心からサッカーを楽しむことを目指している。
 
構成/文 出川啓太(サカイク編集者)
1
写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 大迫選手のシュート①/パダーボルン戦の同点ゴール

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ