1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 柿谷曜一朗選手のシュート①

練習メニュー

柿谷曜一朗選手のシュート①

2014年3月11日

キーワード:シュート

<2014年2月24日 浦項スティーラース戦 VS セレッソ大阪>
 
前半11分。柿谷曜一朗が韓国王者から価値ある先制点を奪った。ディフェンスラインの裏に飛び出す動きで山口蛍のロングフィードを引き出すと、鋭い仕掛けで相手ディフェンダーをくぎ付けに。次の瞬間、相手GKのポジショニングを確認すると芸術的なループ性のシュートをゴール左上に運んだ。
 
■一般的なセオリー
 
一般的なセオリー01
 
一般的なセオリー02
 
一般的なセオリー03
 
一般的なセオリー04
 
 
胸トラップ→ターン→シュート
 
【やり方】
1.落下点に身体を運び、ボールと相手の間に身体を入れて胸トラップ
2.相手ディフェンダーが届かない右方向にボールを持ち出し
3.半身でシュート
 
 
■柿谷選手の選択
 
柿谷選手の選択01
 
柿谷選手の選択02
 
柿谷選手の選択03
 
柿谷選手の選択04
 
 
胸トラップ→ターン→右重心移動→右足インサイドシザーズ→シュート
 
【やり方】
1.ボールと相手の間に身体を入れて胸トラップ
2.間髪いれずにターンして仕掛ける
3.一度右に重心移動して右足のインサイドでシザーズフェイント
4.相手ディフェンダーとゴールキーパーがずれたのを確認しシュート
 
【ポイント】
1.胸トラップをしたあとすぐにターン
2.ゴール前では積極的に仕掛ける
3.相手ディフェンダーとゴールキーパーの位置を確認
4.シュートは強さよりもコントロールを重視
 
 
■ゴールを向いて仕掛けることでシュートチャンスをつくる
 
ゴールに背を向けて胸トラップをすると相手ディフェンダーを背負うことになります。そこでターンをすればボールを奪われてしまう可能性が高いので、ボールを横にずらし自分の身体で相手ディフェンダーをブロックしながらシュートを打つのがセオリーになります。しかし、それだと相手ディフェンダーはこちらが前を向くタイミング、つまりシュートの瞬間を狙ってきます。さらに半身でシュートを打たなければいけない分、ゴールの可能性は低下します。ではどのような選択をすればゴールの確率が高まるでしょうか?
 
柿谷選手は胸トラップした直後に相手ディフェンダーの体勢が整っていないことを確認すると、すぐにゴール方向にターンしました。ゴールを向くことで相手ディフェンダーはボールを奪うタイミングを失います。さらに、すぐに仕掛けることで相手ディフェンダーは抜かれることを恐れて飛び込めなくなりました。そこで柿谷選手はゴールキーパーの位置を確認する余裕が生まれました。ゴールのファーポストががら空きだということに気づき、抜かずにシュートを打つことを選択。相手を抜くというリスクをかけずにゴールすることができました。
 
ゴール前で相手ディフェンダーと対峙したときには、まず仕掛けることを心がけましょう。相手を受け身にさせるということが重要だからです。仕掛けることで相手ディフェンダーやゴールキーパーはこちらの動きに対応しようとします。その結果シュートするチャンスが生まれる可能性が高まるでしょう。
 
 
■実演
菊池コーチ
菊池健太コーチ
考える力が身につくサッカースクール「シンキングサッカースクール」
考えることを楽しみ、チャレンジすることを楽しむサッカースクール。子どもが考えること、チャレンジしやすい環境を心がけ、心からサッカーを楽しむことを目指している。
 
構成/文 出川啓太(サカイク編集者)
1
写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 柿谷曜一朗選手のシュート①

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ