1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 香川真司選手のシュート②

練習メニュー

香川真司選手のシュート②

2014年3月 1日

キーワード:コントロールシュート

【練習の目的】
●シュート技術の向上
 
 
<2012年9月29日 プレミアリーグ第6節マンチェスター・U VS トッテナム>
 
2点ビハインドで迎えた後半34分、ロビン・ファン・ペルシーの絶妙なスルーパスをゴール前で受けた香川真司が左足のインサイドでボールを身体の内側に巻き込みながら反転。迫りくる相手ディフェンダーから逃れるように左方向にボールを持ち出すと、左足を一閃。チームを鼓舞する追い上げ弾を決めた。
 
 
■一般的なセオリー
 
一般的なセオリー01一般的なセオリー02一般的なセオリー03一般的なセオリー03
 
 
左足インサイドトラップ→右足シュート
 
【やり方】
1.左足インサイドでコントロール
2.右足シュート
 
 
■香川選手の選択
 
香川選手の選択01香川選手の選択02香川選手の選択03香川選手の選択04
 
 
左足トラップ→右足インサイドの持ち出し→左足シュート
 
【やり方】
1.左足インサイドでトラップしながら反転
2.右足インサイドで持ち出して
3.左足シュート
 
【ポイント】
1.相手ディフェンダー間でパスを受ける
2.つねに相手ディフェンダーの届かないスペースにボールを置く
3.トップスピードでおこなう
 
 
■相手ディフェンダー間でボールを受け、相手のいないスペースにボールを置く
 
ペナルティエリア内では、基本的に相手ディフェンダーが密集しスペースがないため、ボールを持って侵入するのは困難です。ドリブルで侵入していけば、たちまちのうちに屈強なディフェンダーに囲まれボールを奪われてしまうため、少ないタッチ数で時間をかけずにシュートまで持ち込むのがセオリーです。
 
ところが、香川選手はペナルティエリア内の狭いスペースを見つけ、トップスピードで侵入していくことを得意とします。このシーンでも、相手ディフェンダー間でボールをもらい持ち前のテクニックとスピードで相手ディフェンダーが届かない位置にボールを運び、ゴールに結びつけています。
 
香川選手のように小さい選手は、相手ディフェンダーに接触されるとボールを奪われてしまう可能性が高いので、トップスピードを維持しながら接触されない位置取りやコース取りを選択する必要があります。しかし、ゴールから遠ざかっては元も子もありまえん。この場面でも相手がいなく、かつゴールに迫るコースを選択しています。
 
香川選手は身体が小さいという自分の短所を理解し、俊敏性という武器を最大限に活用する選択をして、ゴールを奪いました。まずは自分の特徴を理解し、そのなかでどのようにプレーすることが最適かを考えることから始めましょう。
 
香川選手のシュート①>>
 
■実演
菊池コーチ
菊池健太コーチ
考える力が身につくサッカースクール「シンキングサッカースクール」
考えることを楽しみ、チャレンジすることを楽しむサッカースクール。子どもが考えること、チャレンジしやすい環境を心がけ、心からサッカーを楽しむことを目指している。
 
構成/文 出川啓太(サカイク編集者)
1
写真/サカイク編集部 撮影協力/フットサルパーク吉祥寺

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 香川真司選手のシュート②

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  6. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ