1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. 身体でボールを止める

練習メニュー

2013年7月12日

身体でボールを止める

キーワード:コーディネーション

<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る
 
【練習の目的】
●コーディネーション
 
【やり方】
  1. 相手からボールを転がしてもらう
  2. 転がした相手は「足の裏」「お尻」「胸」など、どこでボールを止めるか指示する
  3. 受け手は指示が出た身体の部分でボールを止める
 
【ポイント】
①身体の色々な部位でボールを扱い、ボールに慣れるようにする
②ボールの出し手と受け手のコミュニケーションも意識する
 
【あると便利な道具】
小さいボール
 
IMG_2660_600.jpg
 
IMG_2661_600.jpg
 
IMG_2664_600.jpg
 
IMG_2665_600.jpg
 
[PR] プロも使っている“誰でも足が速くなる”トレーニング『タニラダー』
 
ladder2.png
 

【PR】サッカー選手が、13歳までに覚えておきたい32のプレーコンセプト

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修したU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。「知のサッカー[第2巻]」 好評発売中!
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。
 
知のサッカー[第2巻]について詳しくはこちら>>
 
think-soccer-vol2img.png
 
コーディネーションに関する記事・練習メニューを読む>>
 
■監修
kikuchi.jpg
菊池 健太コーチ//
考える力が身につくサッカースクール「シンキングサッカースクール」
考えることを楽しみ、チャレンジすることを楽しむサッカースクール。子どもが考えること、チャレンジしやすい環境を心がけ、心からサッカーを楽しむことを目指している。
 
<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る
1
写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. 身体でボールを止める