1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. アウトサイドドリブル

練習メニュー

アウトサイドドリブル

2011年8月30日

キーワード:ドリブル

<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る
 
【やり方】
  1. マーカーを10個程縦一列に置く
  2. マーカーの間を、アウトサイドを使ってジグザグドリブル
  3. 使う足は、まず右足のみ、続いて左足のみ、最後は両足
 
【ポイント】
①最初はゆっくりでもいいので、しっかりとボールをコントロールしよう
②効き足だけではなく、慣れてきたら両足でもチャレンジ
③ステップの歩幅を、なるべく小さくする
④足首の切り返しを素早くしよう
⑤ボールは触る足の外側におこう
⑥できるだけ細かくボールにさわろう
⑦次の足でさわりやすい場所にボールをコントロールしよう
⑧ドリブルのリズムを大切にしよう
 
【お父さん&お母さんのホメポイント】
●ボールコントロールがうまくできなくても、最後まであきらめずにゴールを目指せた
●顔を上げることができた
●スピードが速くなってきた
●リズムが良くなってきた
●ボールをやわらかくタッチできた
●膝をやわらかく曲げながらできた
●少しでも良くなったらドンドンほめよう
 
【あると便利な道具】
ミニコーン
マーカーコーン
トレーニングポール
小さいボール
 
 
 
 
■足もとに寄った画像
outa.JPG
outb (2).JPG
outc.JPG
outd (2).JPG
 
 
 
【応用編をチャレンジしてみよう!】
・マーカーの間を狭くしたり、マーカーの配置をジグザグに設置する事で、難易度が上げよう
・マーカーに触れないようにドリブル
・タイムチャレンジ! 時間内にクリアする。または、ドリブルをしている時間を計る
・2人で競争してタイムを競う。マーカーの数を変えたり、交互にタイム計測する
・顔を上げる
 

 

■トレーニングに便利なオススメグッズを紹介!(※画像をクリック)

ミニコーン マーカーコーン フラットマーカー サッカーゴールVIGO ミニゴールFUNG スピードラダー ミニハードル スピードリング トレーニングポール バランスボード アジリティクロス ビブス 小さいボール リアクションボール 壁打ちリバウンダー 作戦ボード
 
★サカイクがオススメするトレーニング用品の格安ショップ『Fungoal』

 
 
ドリブルに関する記事・練習メニューを読む>>
 
 
■監修:
kikuchi.jpg
菊池 健太コーチ//
考えることを楽しみ、チャレンジすることを楽しむサッカースクール。子どもが考えること、チャレンジしやすい環境を心がけ、心からサッカーを楽しむことを目指している。
 
 
<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る
1
写真/木鋪虎雄

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. アウトサイドドリブル

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ