1. トップ
  2. トピックス
  3. 海外系クラブが覇権を争う『J:COM U12 INTERNATIONAL CLUB CUP 2017 』結果

トピックス

2018年1月22日

海外系クラブが覇権を争う『J:COM U12 INTERNATIONAL CLUB CUP 2017 』結果

キーワード:J:COMアーセナルサッカースクール市川ボカ・ジュニアーズリバプールレアル・マドリード

昨年12月26日と27日の2日間にわたり、北市川フットボールフィールド(千葉県市川市)にて、第1回目の北市川スポーツクラブ主催『J:COM U12 INTERNATIONAL CLUB CUP 2017 』が開催されました。

jcomcup1.jpg

イングランドのアーセナル、リバプール、スペインのレアル・マドリード、イタリアのACミラン、ブラジルのサントス、アルゼンチンのボカ・ジュニアーズの6クラブから日本国内で活動する7つのスクールが参加し、同時期に開かれていたクラブワールドカップのような名門クラブのユニホームがピッチに躍動する大会となりました。

jcomcup2.jpg

今大会の主管でもある、アーセナルサッカースクール市川の代表を務める幸野健一氏は「これまでJクラブを頂点としたピラミッド型の日本の育成に海外系クラブが進出してきたことで、いい刺激を与え日本のクラブと切磋琢磨して日本のサッカーを成長させられればいいなと思っています」と期待を寄せていました。

「各チームにそれぞれ外国人コーチもいて、参加各チームを見ると指導や応援の仕方などそれぞれの国の色が出てすごく面白かったです。サッカーの実技面もそうですが、そういった文化的な違いを子供の頃から体験するのは、国際化が今後ますます進むはずの日本の子供達にとって素晴らしい経験になったのではないかと思います」と幸野代表はさらに続けました。

大会は8人制による20分ハーフの総当たりのリーグ戦で行われ、ボカ・ジュニアーズサッカースクールが6戦全勝の好成績を収めて優勝しました。優勝の瞬間、南米のチームらしく、ギャラリーとともに歓喜を爆発させて勝利を喜んでいました。参加したチームはそれぞれのクラブのサッカーの特色をよく出して、どの試合も好ゲームが続出し、トーナメントではないため、最後の試合まで白熱した戦いが行われました。

jcomcup3.jpg

幸野代表によると、今年末に第2回となる大会を予定しており、さらに参加チームの規模を増やして開催したいとしています。

(最終順位)
1位 ボカ・ジュニアーズ・サッカースクール
2位 アーセナルサッカースクール市川
3位 レアル・マドリードフットボールスクール
4位 ACミランサッカースクール
5位 アーセナルサッカースクール東京
6位 サントスFCサッカーアカデミージャパン
7位 リバプールFCサッカースクール

jcomcup4.jpg

1
提供:アーセナルサッカースクール市川

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7366件)

コメント

  1. トップ
  2. トピックス
  3. 海外系クラブが覇権を争う『J:COM U12 INTERNATIONAL CLUB CUP 2017 』結果