1. サカイク
  2. トピックス
  3. 浦和 埼玉の高校で『差別撲滅に向けたConference』実施

トピックス

浦和 埼玉の高校で『差別撲滅に向けたConference』実施

2016年6月20日

キーワード:報告浦和レッズ

 浦和レッズは、3日、さいたま市内の高校で、浦和レッズと国連の友Asia-Pacific(AP)による『差別撲滅に向けたConference』が実施したと発表しました。

 参加した生徒たちが改めて『人権とはなにか』について学び、差別撲滅に関して認識を深めました。

 浦和レッズと国連の友APは、2014年より差別撲滅に向けた5ヶ年計画のアクションプログラム『”ZERO TOLERANCE”(絶対許さない)』をスタートさせており、今回の啓発活動は、この一環として行われたものです。

 講演ではまず、浦和レッズの白戸秀和本部長が、浦和レッズが国連の友APとの提携によって取り組んでいる差別撲滅に向けた啓発活動を紹介。続いて、国連の友AP医療団の後藤幸将医師が、医学的見地に基づく心と身体の関係、10代の男女が抱える心の問題、不当な人権侵害が心身に及ぼす影響などが心因性の病気の要因の一つとなるなど、具体的な統計を示して解説しました。

 人権の歴史を紹介する映像を鑑賞した後は、国連の友APの高島まゆみ氏がモデレーターとなり、人には自由に、平等に、そして人間らしく生きる権利があることや、人権はみんなが幸せになるためのルールだということ、さらに『区別と差別の違い』を、具体的な例を挙げて分かりやすく説明しました。最後に「差別は人を傷つけるだけでなく、自分の心も傷つける、絶対にしてはいけないこと」「幸せを追求する権利を放棄しないでほしい」という2つのポイントを生徒たちに呼びかけ、『差別撲滅に向けたConference』は終了しました。

その他詳細はこちら>>

1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7329件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 浦和 埼玉の高校で『差別撲滅に向けたConference』実施

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ