1. サカイク
  2. トピックス
  3. 浦和 『SPORT FOR TOMORROW』に新規加盟!

トピックス

浦和 『SPORT FOR TOMORROW』に新規加盟!

2015年7月15日

キーワード:スポーツ・フォー・トゥモロー国際貢献事業浦和レッズ

 浦和レッズは11日、外務省・文部科学省・日本スポーツ振興センターが事務局を担う「スポーツ・フォー・トゥモロー」の運営委員会にて、スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員への新規加盟が承認されたことを発表しました。

 スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアムは現在72団体が加盟しており、行政機関、関係団体、大学等が保有している知見の交換、各機関の連携協力を促進し、国際社会にスポーツの価値とオリンピック・パラリンピック・ムーブメントを広げていくことを目的としています。

 浦和レッズは、2007年のアジアクラブ王者を決する「AFCチャンピオンズリーグ(ACL)」出場を契機に、アジアの国々でハートフルクラブによる、「草の根国際交流」を開始し、スポーツ(サッカー)の楽しさ、大切さを伝える「草の根交流」、「青少年の健全な育成」を目的とした活動が認められ、今回の加入となりました。

 これは、プロスポーツクラブとしては初めての加盟承認となります。

 

その他詳細はこちら>>

1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 浦和 『SPORT FOR TOMORROW』に新規加盟!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ