1. サカイク
  2. トピックス
  3. 『情熱的な一撃』高校サッカー選手権・準決勝マッチレポート

トピックス

『情熱的な一撃』高校サッカー選手権・準決勝マッチレポート

2015年1月14日

【前橋育英 1(5PK4)1 流経大柏】

強豪同士の対戦は、前橋育英がPK戦の末に流経大柏を下し、決勝進出を決めた。敗退寸前だったチームを救ったのは、仲間も驚いた鈴木徳真の情熱的な一撃。そこには「サッカーの本質」が見られた。(取材・文 平野貴也)

1点を追う試合終盤、前橋育英の山田耕介監督は、アディショナルタイムが何分あるのかを気にしていた。そして同時に、何がいけなかったのかと寸前に迫った5度目の準決勝敗退について頭を悩ませていた。ところが、後半終了の直前に奇跡が起きた。途中出場の小泉佳穂が左からロングパスを放り込むと、相手のクリアを拾ったMF鈴木徳真がトラップから思い切ったシュートをたたき込んだ。ゴール前には相手選手が何人もおり、GKも反応していた。

 
鈴木は「入れと思って打った。相手は見ていなくて、ゴールしか見ていなかった。とにかく思い切って振り切ろうとだけ思って打った」と話した。ただ、ミートだけを心掛けたもので、決して「コースを狙った素晴らしいシュート」ではなかった。コースもGKの手前で相手選手に少し当たって変わっていなければ、得点にはならなかっただろう。しかし、その一発が同点弾となった。ほどなく試合が終わってPK戦となり、前橋育英はPK戦5-4で流通経済大柏を下して初の決勝進出を決めた。
 
同点弾は、意外な一発だった。鈴木はU-16やU-17といった年代別日本代表でも主力になるほどの実力を持っている。ゴール自体は不思議ではない。精度の高いミドルシュートも打てる。ただ、鈴木の長所と言えば、プレーの選択肢を豊富にする技術の正確さ、そして試合全体を見渡してプレーを選択できる判断力だ。クレバーな選手という表現で間違いない。こぼれ球を拾ったとき、誰もがシュートを期待する場面でフリーの味方を見つけていて、ラストパスというシーンも十分にあり得たように思う。シュートコースが見えていたという結末もありそうだ。ところが、鈴木はコースも見ないで打った。そして、決めた。仲間も驚くシュートであり、ゴールだった。
 
この記事のつづきはこちら>>
監督コメントはこちら>>
選手コメントはこちら>>
 
【星稜 3対0 日大藤沢】
 
準々決勝で静岡学園を破り勢いに乗る日大藤沢と、ここまで失点0ながらギリギリの戦いを勝ち抜いてきた前回ファイナリスト星稜。初の埼スタ開催の準決勝で、星稜が日藤に見せた経験値の差とは。(取材・文 篠幸彦)
 
試合後の記者会見、日大藤沢の佐藤輝勝監督は「試合巧者だった」と、幾度となく口にした。
 
前半22分、日藤はハンドにより、星稜にPKのチャンスを与えてしまう。
 
PKはGK鈴木孔明がセーブしたものの、こぼれ球に反応した星稜・前川優太が山なりのボールをゴール前に送ると、日藤・小野寺健也が懸命に触るもオウンゴールとなってしまう。
 
そこから歯車は狂い出した。
 
いや、初めから両者には決定的な差があったのかもしれない。
 
「埼スタという舞台に少し受け身になっていた」
 
ベンチで戦況を見守っていた日藤キャプテン・吉野敬には、仲間たちの姿がそう見えていた。
一方、星稜の大田賢生が「すんなりと試合に入れた」と語れば、相棒の森山泰希は「緊張というより、やったるぞ、という感じでした」と笑顔で話す。
 
スタートラインから両者のメンタルは大きく異なっていたのだ。
 
先制してから13分後、星稜が左サイドをきれいに崩し、流れの中から追加点を決める。
 
「切り替えろという声はあったんですけど、簡単にやられてしまった」(日大藤沢・吉野)シーンに、佐藤監督は星稜の勝負強さを感じ「試合巧者な部分が見られた」と繰り返した。
 
星稜は2点をリードしても、前回大会で2点差をひっくり返され優勝を逃した経験から、気持ちのスキを見せることはなかった。
 
この記事のつづきはこちら>>
監督コメントはこちら>>
選手コメントはこちら>>
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
選手権開幕戦、中島賢星の活躍で東福岡が初戦突破
高校サッカー選手権2日目 久我山、流経柏ら2回戦へ
高校サッカー選手権3日目、東福岡、星稜ら16強出揃う
静岡学園が優勝候補・東福岡に完勝!ベスト8が出揃う
高校サッカー選手権ベスト4決定!準決勝は10日埼スタ開催
選手権決勝は12日(月)開催!前橋育英、初優勝なるか!?
 
1

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 『情熱的な一撃』高校サッカー選手権・準決勝マッチレポート

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ