1. サカイク
  2. トピックス
  3. 天皇杯もG大阪、昇格から1年で三冠達成(天皇杯)

トピックス

天皇杯もG大阪、昇格から1年で三冠達成(天皇杯)

2014年12月14日

キーワード:ガンバ大阪モンテディオ山形天皇杯

13日、第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が行われた。
 
リーグ戦とナビスコ杯で今年すでに2つのタイトルを獲得したガンバ大阪と、天皇杯や昇格プレーオフでトーナメントの勝負強さを見せてきたモンテディオ山形の対戦。G大阪は開始からいきなり試合を動かした。4分、ロングボールに競り勝ったFWパトリックのつなぎをFW宇佐美が拾い、一度はGKに弾かれたもののこぼれ球を押し込み先制する。
 
山形は開始からラインを上げて積極的なプレッシングを仕掛けるが、G大阪の長短を織り交ぜたパスに翻弄され的を絞れない時間が続く。すると22分、コーナーキックからG大阪がカウンターを発動。宇佐美が長い距離をドリブルで運びパトリックへスルーパス。ファーストタッチは若干ミスになるが、後方に追う形の山形DFは対応できず。余裕を持ってシュートをねじ込み追加点を決めた。
 
後半に入ると流れが変わる。山形は再三ボールを失っていた左サイドの伊東を替え船津を投入。しばらくはG大阪のチャンスが続くが、FW山崎に替えてFW林を投入すると攻撃がスムーズに。FWディエゴの行動範囲が広がり、ボランチの脇のスペースを上手く使いチャンスを生み出すようになった。
 
山形の攻撃が実ったのは62分。左サイドからクロスを上げると、2度のディフレクションの後、MFロメロ・フランクのもとへ。これをダイレクトで蹴り込み、ついに1点差に詰め寄った。
 
そのまま山形ペースで時間が進むが、82分にアクシデント。山形DF山田が足をつらせてしまい負傷退場。交代枠を使い切っていたため、山形は10人でプレーする。これで生まれたスペースを活かしたのが宇佐美だった。85分、後半はすっかり沈黙していたエースは、ペナルティエリア手前でボールを受けると右足を振り抜く。これがDFに当たりコースがかわってそのままゴール。決定的な3点目が生まれた。
 
その後は山形も反撃に出る体力が残っておらず、そのまま試合終了。G大阪がJリーグ史上2チーム目の三冠を達成した。
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7322件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 天皇杯もG大阪、昇格から1年で三冠達成(天皇杯)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ