1. サカイク
  2. トピックス
  3. ドイツのプロコーチから学び、スキルアップを図ろう!

トピックス

ドイツのプロコーチから学び、スキルアップを図ろう!

2014年9月 9日

キーワード:テクニックドイツ

■ファンルーツアカデミー主催 スキルアップコース
~ドイツのプロコーチから学び、スキルアップを図ろう!~
 
W杯ブラジル大会で優勝を果たしたドイツ。育成年代における選手育成の成功として注目を浴びています。そしてドイツサッカーは、個の強さにテクニックと創造性を備え、全員が走ってパスをつなぐ魅力的な「モダンフットボール」へと進化を遂げました。名門1. FC ケルンの育成部長も務め、多くのブンデスリーガを育てたクラウス・パブスト氏を招き、少人数制のなか、子どもたちへ直接指導を行います。トップレベルの指導者から学びましょう。
 
◎コーチ:
KLAUS PABST(クラウス・パブスト)
ドイツの名門1.FCケルンでユースコーチや育成部長を務め、多くのブンデスリーガを輩出。サッカー指導者養成機関としても知られる国立ドイツ体育大学ケルンで講師を務めるなど、ドイツサッカー育成で定評のある指導者です。
 
▼クラウス氏の紹介映像

 
◎日時・テーマ
※現在は追加コースのみ募集中です。
 
【第1回】
〔テーマ〕 ジュニア年代に必要な技術 ~パス~
〔日時〕 9月15日(月・祝) 9:00-11:00
〔対象〕 小学5-6年生
〔定員〕 20名
 
【第2回】
〔テーマ〕 ジュニア年代に必要な技術 ~ドリブル・フェイント~
〔日時〕 9月15日(月・祝) 11:30-13:30
〔対象〕 小学3-4年生
〔定員〕 20名
 
【第3回】
〔テーマ〕 ジュニア年代に必要な技術 ~ボールコントロール~
〔日時〕 9月15日(月・祝) 16:30-18:30
〔対象〕 小学5-6年生
〔定員〕 20名
 
【追加コース】
〔テーマ〕 ジュニア年代に必要な技術 ~ドリブル・フェイント~
〔日時〕 9月13日(土) 18:00-20:00
〔対象〕 小学3-4年生
〔定員〕 20名
 
practice.png
 
◎会場: 
ファンルーツパーク芦花公園 
住所. 〒157-0063 東京都世田谷区粕谷1-7-26
電話. 03-6379-8913
URL. http://www.funroots.net/funrootspark/index.html
 
◎参加費:
一般:3,240円/各回
 
◎定員:
20名
※先着順。定員になり次第〆切となります。受付後、事務局よりご連絡を致します。
※現在は追加コースのみ募集中です。
 
◎お申込み方法:
以下情報を記載の上、メールにてお送りください。
1.お子様の氏名
2.保護者氏名
3.住所
4.電話番号(緊急連絡先)
5.メールアドレス
6.学年
7.所属クラブ(チームに所属している場合)
8.ポジション
9.参加希望回
※ 尚、メールの題名に「スキルアップコース申込み」と明記してください。
 
◎お申し込み先:
株式会社ファンルーツ
(電話)03-6379-8905 ※平日9:00-18:00
(メール) event@funroots.net
 
 

 

モダンフットボール

育成改革によりEURO2000の惨敗からたった10年で復活を遂げたドイツ。個の強さにテクニックと創造性を備え、全員が走ってパスをつなぐ最強の「モダンフットボール」へと進化しました。名門1. FC ケルンの育成部長も務め、多くのブンデスリーガを育てたクラウス・パブストがその最先端トレーニングを伝授。U-12指導者向け教材『モダンフットボール【MODERNER FUSSBALL】』 詳しくはこちら>>

 
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. ドイツのプロコーチから学び、スキルアップを図ろう!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ