1. サカイク
  2. トピックス
  3. 日本、初戦を落とす(W杯)

トピックス

日本、初戦を落とす(W杯)

2014年6月15日

キーワード:ブラジルワールドカップ大会日本代表

FIFAワールドカップブラジル大会、日本代表はコートジボワール代表との初戦を迎えた。
 
序盤からコートジボワールのペースで試合が進む。日本はプレスの位置を下げて慎重な入りをとり、自陣で構える形になる。コートジボワールはサイドを中心に日本を攻め立て、多くのシュートを放った。
 
しかし先制したのは日本。16分、スローインの流れから、DF長友が中央のMF本田にパス。ファーストタッチでDFをかわし2タッチ目で強烈なシュート。4年前に続き、本田のゴールで日本が先制する。その後、同じような展開のまま押し込まれるが、なんとか無失点に抑えて前半を折り返す。
 
後半も日本は押し込まれる。時折カウンターのチャンスはあったものの、イージーなミスで相手にボールを与え逆カウンターをくらい、体力を消耗する。
 
コートジボワールは62分にFWドログバを投入する。そしてこの直後、右サイドのクロスから立て続けに2得点。日本は2分間で一気に逆転された。
 
日本は再び得点を目指して攻めるものの、動きが鈍り連動性が生まれず、シュートまで持ち込めない。組み立ての段階で奪われては、再び奪い返すまでに時間と体力を消耗するという展開を繰り返し、結局反撃できないまま初戦を落とした。
 
次戦は日本時間20日、同じく第1戦を落としたギリシアと対戦する。
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 日本、初戦を落とす(W杯)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ