1. トップ
  2. トピックス
  3. W杯は子どもたちにもぜひ多くの試合を見てほしい

トピックス

2014年5月28日

W杯は子どもたちにもぜひ多くの試合を見てほしい

キーワード:ミズノ日本代表

本日28日、都内のフットサル施設にてミズノ主催の新スパイク発売に関連したイベントが開催された。サッカー元日本代表の澤登正朗さん、森島寛晃さん、小村徳男さんが特別ゲストとして登場。間もなく開幕するブラジルワールドカップを子どもたちにどう見てほしいか、という質問に答えてくれた。
 
小村徳男さん
小村さんは、「日本代表は夢を与える仕事でもある。ワールドカップで日本代表が活躍する姿を見せることで、将来サッカー選手になりたいと思う子供たちも増えると思うので、ぜひ頑張ってほしい。」
 
澤登正朗さん
澤登さんは、「ワールドカップという雰囲気をテレビを通してであってもしっかりと感じてほしい。自分自身も78年大会や82年大会を見て色々な選手のマネをしたことがスキル向上にもつながった。目標の選手を見つけるためにも、ぜひ試合をたくさん見てもらえたらと思う。」
 
森島寛晃さん
森島さんは、「小さい頃に見たワールドカップが自分の夢となってそれを目指して頑張ることができた。マラドーナを見た翌日には自分も気分はマラドーナになりきって練習していた。今回の日本代表の試合翌日にも、全国で本田圭佑や岡崎慎司になりきる子どもたちがたくさん出てくるような
快進撃を見せてほしいですね。」
 
とそれぞれ、ワールドカップを見ることの大切さについて熱く語ってくれた。
 
なお、同イベントではブラジルワールドカップに臨む日本代表の岡崎慎司選手が着用するスパイク「バサラ」の試し履きが行われた。
 
★バサラの詳細はコチラをご覧ください
バサラ
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7516件)

コメント

  1. トップ
  2. トピックス
  3. W杯は子どもたちにもぜひ多くの試合を見てほしい