1. サカイク
  2. トピックス
  3. 「名古屋グランパスGKスクール」追加募集のお知らせ

トピックス

「名古屋グランパスGKスクール」追加募集のお知らせ

2014年3月28日

キーワード:ゴールキーパーサッカースクール名古屋グランパス

 名古屋グランパスでは、2014年3月より小学5~6年生を対象とした『GKスクール』を実施しており、今回、その参加者を追加募集する。
 この『GKスクール』では、サッカーのゴールキーパーの楽しさを感じてもらいながら、子供たちの心身の成長を促していきたいと考え、ゴールキーパーとしての基本技術・戦術の習得を目指す。
 子供たちのレベルに応じた指導を行うので、所属クラブではフィールドプレーヤーをしているというゴールキーパー初心者の選手も大歓迎。
 
【対象】
 2014年4月から小学5、6年生になる選手(現小学4、5年生)
 ゴールキーパー初心者もOK!
 ※名古屋グランパスでの選手登録はしません。
 
【定員】
 各学年 30名程度
 
【実施日時】
 全8回のコース
 基本的には、3月~11月(夏休みの8月を除く)の第4日曜日の夕方。
 具体的な実施日は別紙参照。
 ※Jリーグ開催日などの影響で一部変更あり。
  また、諸事情で今後、変更になる場合もあり。
 時間は、
 小学5年生(U11)が18:00~19:10(70分)、
 小学6年生(U12)が19:20~20:30(70分)。
 GKスクール日程の確認はこちら
 
【会場】
 トヨタスポーツセンター内 第二グラウンド
 (愛知県豊田市保見町井ノ向57-230)
 
【指導者】
 名古屋グランパス育成GKコーチ 佐々木理、広野耕一
 育成チーム・サッカースクール コーチングスタッフ
 
【会費】
 1回 1,000円(保険料含) ※当日、会場にて徴収予定です。
 
【お申込みの詳細】
 2014年『名古屋グランパスGKスクール』追加募集のお知らせ
 
【注意事項】
 (1)申し込み後、入会のご案内をメールにて送信する。
 ※注意 youth@nagoya-grampus-eight.co.jpからのメールを受信できるよう設定しておくこと。
 (2)2回目以降の実施日の詳細は、スクール各開催日の3日前までに公式サイトにて案内する。必ず公式サイトを確認すること。
 (3)雨天決行(雷、暴風、大雨洪水警報は除く)。
 (4)スクール中の怪我については、応急処置をします。その以後の責任は負いません。
 (5)スクール応募者より提出される「個人情報」は、個人情報保護法その他の関連法令に則り、GKスクールの開催・運営の目的以外には使用しないことを徹底し、厳正に管理・保管する。
 
【お問い合わせ】
 (株)名古屋グランパスエイト
  チーム統括部育成グループ(担当:佐々木、広野)
 TEL:0565-43-1151(受付 11:00~16:30 日・月曜日を除く)
 
詳細は以下を参照のこと。
2014年『名古屋グランパスGKスクール』追加募集のお知らせ
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7322件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 「名古屋グランパスGKスクール」追加募集のお知らせ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ