1. サカイク
  2. トピックス
  3. 世界の舞台で闘うインテル長友選手が次世代の子ども達に向けたトークを展開

トピックス

世界の舞台で闘うインテル長友選手が次世代の子ども達に向けたトークを展開

2012年12月25日

キーワード:ナイキ

photo_a.jpg

2012年12月25日(火)、阪神タイガース所属の鳥谷敬選手、FCインテル・ミラノ所属の長友佑都選手をゲストに招き、ナイキ原宿(東京都渋谷区神宮前)にて中学生・高校生を対象にトークショーが開催された。
 
このトークショーの中で長友選手は「スピードを身につけるために日々の練習から意識、努力していた。それ次第で成長できる」「練習や日々の生活で人との違いを出す。試合で実力を出せるように良い準備をする」といった毎日の心がけから、「自分自身、サッカーが上手くなりたい気持ちとともに、人間として成長させてもらうためにサッカーやっている」というサッカーに対する姿勢などが語られた。さらに、世界の舞台で戦うために「本番で実力発揮のためには強いメンタルが必要」や「緊張しないためには、ミスしてもいいやくらいのキモチで。チャレンジしたあとの失敗は学ぶこと多い」という長友選手らしいポジティブなコメントに対し、会場の中学生・高校生は真剣な眼差しで耳を傾けていた。
 
また、次世代のアスリート代表として、プロフットボーラ―になるチャンスを目指す世界的スカウトプロジェクトとしてナイキが展開する「THE CHANCE」で、最終選考に残った木下稜介選手(滝川第二高等学校)が登壇し、両選手からのエールが贈られた。
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 世界の舞台で闘うインテル長友選手が次世代の子ども達に向けたトークを展開

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  3. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ