1. サカイク
  2. 連載
  3. 震災復興応援プロジェクト
  4. 【応援コラムVol.7】青山隼選手の想いと願い

震災復興応援プロジェクト

【応援コラムVol.7】青山隼選手の想いと願い

2011年3月28日

キーワード:コラム応援メッセージ

「サッカー選手は夢を与えることができる仕事。今後子どもたちに何かを伝えることができたら......」

11.3.28-1.jpg

 東日本大震災から8日が経過した3月19日。浦和出身で、埼玉スタジアムにも頻繁に観戦に訪れている大のサッカー好き、プロ野球・埼玉西武ライオンズの平尾博嗣選手の呼びかけに「ぜひ協力したい」と、浦和レッズから鈴木啓太選手、田中達也選手、加藤順大選手、高崎寛之選手、青山隼選手、高橋峻希選手が大宮駅西口の街頭募金に参加しました。

 その中でひときわ大きな声を張り上げ、道行く人々に募金を呼び掛けていたのが、今シーズン、浦和に移籍加入した青山隼選手です。

 被災地である宮城県は彼の故郷であり、今も家族が暮らしている「愛着のある」街。2003年に名古屋グランパスU-18に入るまでの15年間を宮城県で過ごしていました。だからこそ、予期せぬ天災に驚きを隠せなかったと話します。 幸い青山選手のご家族は無事でした。なかなか連絡が取れなかった宮城県名取市に住む友人の無事が確認できたきにも、ホッと胸をなでおろしたそうです。でも、その友人が語った「言葉ではいい表せない」惨状に、青山選手も心を痛めたといいます。

 テレビや新聞では毎日、被災地の現状が伝えられ、日を追うごとに明らかになる地震による事態の深刻さ。 今、自分にできることは何なのか......。

11.3.28-4.jpg  11.3.28-7.jpg

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

震災復興応援プロジェクトコンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 震災復興応援プロジェクト
  4. 【応援コラムVol.7】青山隼選手の想いと願い

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ