1. サカイク
  2. 連載
  3. ボランティアコーチお助け隊
  4. ボランティアコーチなら覚えておきたい!けがの予防や応急処置に関するサカイク記事7選

ボランティアコーチお助け隊

ボランティアコーチなら覚えておきたい!けがの予防や応急処置に関するサカイク記事7選

2016年4月 8日

キーワード:けが予防応急処置

みなさん、こんにちは。ボランティアコーチお助け隊です。
 
あなたが引率するチームの子どもがけがをしたとき、あなたはしっかりと対応できますか?
 
ひと言にけがといっても、裂傷、捻挫、打撲、骨折など症状はさまざまです。また、部位によって対応の仕方が違うこともあります。
 
そこで今回は、けが予防や、けがをしたときの対応について紹介しているサカイク記事をピックアップしました。ボランティアコーチのみなさんはぜひご一読ください。(ボランティアコーチお助け隊)
 
※このページはチームを指導するボランティアコーチ向けのトレーニングを扱います。サッカー少年のお父さんお母さんでボランティアコーチではない人向けの情報ではありません。
 

■けがを防ぐ?体を痛める?明暗を分ける「テーピングの知識」

kegamatome_01.jpg
 
最近は小学生の選手でもテーピングをよく目にしますが、これには利点もあれば、間違った使い方で体にダメージを与えている場合もあるそうです。
「ですから保護者の皆さんが正しい知識を身につけて、子どもたちのけがの予防や再発防止に役立ててほしいんです」と言うのは、武蔵丘短期大学で『コンディショニング論』などを担当する荒川崇先生。
 
この記事の詳細はこちら>>
 
 

■万一の事故を防ごう。ねんざ予防に役立つテーピングの方法

kegamatome_02.jpg
 
荒川先生から教えていただいた、足首のねんざ予防を目的にしたテーピングの方法は以下の1から5のように進めていきます。テープはしわやたるみ、すき間を作らないようになめらかに、一定の力で引っ張り(張力)ながら巻くことを心がけてください。またテーピングで循環障害、神経障害を起こさないよう、巻き終わったら必ず血液が通っているか? 痺れはないか?の確認を。写真は分かりやすいように巻いている部分を緑で色付けしてあります。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 

■日本代表トレーナーが教える!育成年代のコンディショニングの基本

kegamatome_03.jpg
 
「日本代表では、試合に勝つためにありとあらゆる方策を練るのですが、そのすべての方法をコンディショニングと考えています。試合に向けて調整していくのが私たちの仕事」
 
冒頭、早川コーチはコンディショニングコーチの仕事をこんな風に説明してくれました。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 

■サッカーに関わる人すべてが知っておきたい、準備したい救急手当

kegamatome_04.jpg
 
子どもたちの安全は、指導者や保護者が一体になって考えなければいけない大切な問題です。今回は救急医療のエキスパート、東京医科大学救急医学講座兼任教授で恵泉クリニック院長を務める太田祥一先生にサッカーをする子どもたちの救急手当についてお聞きします。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 

■こんなとき、どうしたら?救急手当てで子どもを守る

kegamatome_05.jpg
 
サッカーの現場を預かる指導者の方、また付き添いでサポートにあたっている保護者の方、子どもたちのケガや突然の病気で戸惑ったことはないでしょうか? 練習中接触プレーで肩から地面に落ちた。腕を地面についた。硬いグラウンドに頭を打ち付けてしまった。ヒヤリとした、本当に大丈夫だろうか、という場面は、みなさん一度は経験があるはずです。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 

■ケガの予防とパフォーマンスアップに役立つ、アクティブ・ストレッチとは?

kegamatome_06.jpg
 
どこのチームも取り入れているウォーミングアップ。並木さんによれば、ただの準備運動ではなく、ひとつひとつの動きが重要な意味を持っているのだと言います。
 
「まずは筋温を上げることですね」
 
ウォーミングアップの目的はいくつかあり、その中でも重要視したいのがこの筋温(筋肉の温度)を上げることです。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 

■どの筋肉が伸びているか?を意識してやろう! 今日からできるアクティブ・ストレッチ

kegamatome_07.jpg
 
ひとつめは股関節のアクティブストレッチです。写真左のように手を上げて前に出した方の太ももが地面と平行になるようにします。この状態で前後に身体を動かしましょう。このとき、お尻に力を入れて身体の軸をぶらさないことが大切です。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 
ボランティアコーチお助け隊相談室

あなたが担当しているチームのカテゴリーを教えてください必須

1
ボランティアコーチお助け隊

関連記事

関連記事一覧へ

ボランティアコーチお助け隊コンテンツ一覧へ(17件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. ボランティアコーチお助け隊
  4. ボランティアコーチなら覚えておきたい!けがの予防や応急処置に関するサカイク記事7選

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ