1. サカイク
  2. 連載
  3. 「サカイクキャンプ」でサッカーの技術とライフスキルを身につける
  4. 息子がサッカーに対して貪欲になり、ポジティブな声かけをするようになった「きっかけ」

「サカイクキャンプ」でサッカーの技術とライフスキルを身につける

息子がサッカーに対して貪欲になり、ポジティブな声かけをするようになった「きっかけ」

公開:2017年5月30日 更新:2017年6月30日

キーワード:コミュニケーションサカイクキャンプライフスキル考える力

■親に指導されるより素直に子どもたちが理解する

「うちも共働きで私自身も仕事をしていて思うのは、生きていく上では人と接したり、周囲をよく見たりなど日常的に周囲と調和をはかりながら生活をしていかないといけないということです。そういうことは大人になって学んだり、身につけたりするものではないと感じています」
 
「だからサカイクキャンプのような学ぶ場があって、子どものうちからライフスキルを習得できるのはいいことだと思います。私たち両親がどんなに言っても耳に入らないことがありますし、プロのコーチから指導されるのは自分たちの中に素直に入っていくし、何よりも子どもにわかりやすく伝えてくださるので、子どもたち自身が理解しやすいのではないでしょうか」
 
camp_Yu_iwasaki03.jpg
 
内容を確認してみると、コミュニケーションの指標に関わる質問「自分の考えをコーチや友達に伝えている」という項目で、ユウくんは2ポイントも下げる自己評価していました。GKというポジションの特性を考え、自分の課題に向き合っている証だと思います。
 
「ユウがあらためて見直したのかもしれません。考えることはできるようになってきたけど、まだ伝えることができないのは自チームのコーチにも言われていますし、私たちも言っていることです。GKとしてもっと具体的な指示をしなければならないことを本人も気づいているんだと思います」
 
4月から6年生になり、ユウくんは来年から中学校に上がります。徐々にサッカーの競技性にも直面する機会が増えてきて、最近では地域にライバル視するような選手が現れたそうです。
 
「6年生になって試合が増えたからか、勝ちたいという意欲が湧いています。また、他のクラブに上手なGKがいて『あいつには負けたなくない』と言いますし、そういう気持ちが湧いているようです」
 
「最近は地区のトレセンに選ばれるようになって少し上の世界をのぞいたのもあり、『もう一つ上のトレセンにも選ばれたい』とも口にするようになりました。地区のトレセンにもその上手なGKが選ばれていてそこでも意識しているようです」
 
サカイクキャンプという存在もそうですが、ユウくんにとっての地区トレセンもこれまで見たこと・経験したことのない世界です。子どもたちは初めのうちは戸惑いますが、適応すれば大人が思いもしなかったこれまでに見せたことのない一面を見せることは子どもだからこその可能性です。
 
camp_Yu_iwasaki02.jpg
 

■これまで続いたことが無かったのに……。1回目の参加で現れた変化

ユウくんも1回目のサカイクキャンプでお母さんやお父さんが見たこともない姿を見せたそうです。
 
「これまでサッカーノートに挑戦しても全く続きませんでした。でも1回目のサカイクキャンプの帰り際に高峯コーチが教えてくれたのは、初日にヨーロッパリーグの試合を見た時にユウが一生懸命メモをしていたことでした。それだけならまだしも、翌日の練習前にそのメモをチェックして練習に臨んだそうです。それを聞いて私は『自分の感じたこと、考えたことを振り返り、翌日の練習前に準備してトレーニングできるんだ』と思いました」
 
このようにサカイクキャンプもきっかけの一つとして、ユウくんは着実に成長を重ねています。そんなユウくんにお母さんはどんなことを望んでサッカーをやらせているのかを最後にたずねてみました。
 
「中学生に上がれば、サッカーの関わり合い方の方向性としてどんどん『楽しむ』と『うまくなる』という二極化が進むと思います。どちらに進むにせよ、私たちはユウに真剣にサッカーと関わって欲しいと考えています」
 
「サッカーは競技人口が多いからいつか実力的な現実と向き合うタイミングが出てくるでしょうが、それまでは思い切りやって欲しいです。たとえ、その現実を知ったとしてもそれを超えるような強い人間になって欲しいというのがユウに望むことです」
 
「ずっとサッカーが大好きだからその思いはこれからも持ち続けてほしい。競技性が高くなって苦しいサッカーになっても変わらずその思いは変わらず持っていてほしいです。できれば高校、大学でもサッカーを続けて、その後もサッカーに関わるぐらいになって頑張ってほしいです。今スクールにも通っていますが、そこのコーチも地元に帰ってきてそのスクールを開いているので一生打ち込める存在になるぐらいに本気でやってほしいです」
 
次回は東海林祐子先生が語る「ライフスキル導入が子供にもたらすもの(前編)」をお送りします。
 
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
 

【参加者募集】
サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
今回のサカイクキャンプでは協賛のumbro様によるシューズの試し履きも予定しております。
以前ご参加頂いた選手はもちろん、初めて参加の選手も大歓迎!
皆様のお申し込みお待ちしております!!
 
開催日程や場所、参加費用などキャンプの詳細は下記にてご確認ください。
 
サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
 
前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
文:サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

「サカイクキャンプ」でサッカーの技術とライフスキルを身につけるコンテンツ一覧へ(5件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 「サカイクキャンプ」でサッカーの技術とライフスキルを身につける
  4. 息子がサッカーに対して貪欲になり、ポジティブな声かけをするようになった「きっかけ」