1. サカイク
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019
  4. U-12世代の世界大会『ワーチャレ』で旋風を巻き起こし、初優勝を遂げたナイジェリア選抜の強さの秘密とは?

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019

U-12世代の世界大会『ワーチャレ』で旋風を巻き起こし、初優勝を遂げたナイジェリア選抜の強さの秘密とは?

公開:2019年9月 4日 更新:2019年9月30日

キーワード:U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジアフリカカンテラスペインナイジェリア選抜バイエルンバルサバルサアカデミーバルセロナワーチャレ

2019年のU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジは、ナイジェリア選抜が初出場で初優勝を果たしました。準々決勝ではバイエルン・ミュンヘン、準決勝でJFA大阪府トレセン選抜、決勝戦で広州富力足球倶楽部と、ヨーロッパ、アジアの強豪を倒しての栄冠でした。ナイジェリアのどこが優れていたのでしょうか?

(取材・文:鈴木智之、写真:吉田孝光)

 

worldchallenge2019_nigeriaselect02.JPG
決勝戦終了後、監督を胴上げするナイジェリア選抜の選手たち(C)吉田孝光

 

■10番と7番が牽引した攻撃

ナイジェリアのシステムは4-3-3。中盤の底(アンカー)の位置に、大会MVPに輝いた、10番のオグボナヤ・スンダイ・エイケ選手が入り、攻守に存在感を発揮します。「得意なプレーはドリブル。アザールに憧れているんだ」という背番号10は、持ち味のドリブルだけでなく、中盤の底から斜め前に通す、絶妙な浮き球のパスで攻撃をリードしていました。

相手に囲まれても奪われないボールキープは圧巻で、決勝戦では左サイドで2人に寄せられながらも、軽やかなステップとボールコントロールでボールを運び、中央へラストパス。それを9番のオラスンカミ・ダヨ・アブドルワヒード選手が決めて、決勝点となりました。

攻撃の多くはエイケ選手を経由します。そして、右サイドにいる"メッシ"こと7番のスライモン・ファクス・エニオラ選手が、ニックネーム顔負けの鮮やかなドリブルで敵陣を切り裂きます。身長は142cmとひときわ小さく、わずか10歳ながら、明らかなタレント(才能)を持った選手です。

彼はドリブルをする際に、足のインサイド、アウトサイドのどちらでも触れるところにボールを置くので、守備をする相手は的を絞りにくいのです。さらに左利きであり、他の選手とはドリブルのタイミングが違います。スピードとアジリティにも優れているので、彼を止めるのは至難の業でした。メッシが好きでチームメイトから、試合中に「メッシ」と呼ばれるエニオラ選手。"ミニ・メッシ"の突破力があるからこそ、右サイドバックの選手は守備に専念することができていました。

 

■素早い攻守の切り替えで相手を圧倒

ナイジェリアの攻撃の選手たちはスピードがあり、ドリブルの技術が高く、ボールを奪われません。数的不利の場面でも突破することができます。"ミニ・メッシ"を筆頭に、味方のサポートをそれほど必要としないので、後方の選手はボールを奪われたときに備えて、守備のポジションをとります。

スピードを活かしたボールへのアプローチは速く、決勝を戦った広州富力(中国)の足高裕司監督が「想定外の圧力で、何もさせてもらえなかった」と舌を巻くほどでした。

決勝戦までの7試合で、失点はわずかに2。固い守備も優勝できた要因のひとつです。彼らの守備を語る上で外せないのが"エースキラー"こと、センターバックのイシアカ・ババトゥデ・フアド選手。対人プレーに優れたフアド選手は、相手のFWのキーマンをみつけると、ボールがないところでも徹底的にマンマークします。体をぶつけ、手を出すといった駆け引きは大人顔負けです。いつでも、どこまででも付いてくるフアド選手のことは、対戦したバイエルン、大阪府トレセン、広州富力のFWも非常に嫌がっていました。

相手のキーマンをマンツーマンで封じ込め、もうひとりのセンターバック、アブドルラハマン・テスリム・オライタン選手がカバーリングに入ります。さらに、アンカーのエイケ選手も守備に加わり、サイドバックはあまり攻撃参加をしないので、対戦相手からすると攻め入るスキがないように感じられます。

ナイジェリア選抜は、チームとしての練習期間は2週間程という短さながらも、各選手の特徴を最大限に活かした配置をベースに、攻守をオーガナイズしていました。バク宙を連発できる身体能力、最後まで集中が途切れることなく、ひたむきに戦う姿勢。そして高い個人の技術、スピードと多くを備えたナイジェリア選抜の力は、大会を通じて頭一つ抜けていました。大会の目玉であるFCバルセロナの選手と比べても、個のタレント力では上回っていた印象です。

 

■観客の大声援を受けた、ナイジェリア選抜

さらには攻撃的な姿勢、華麗な個人技、ゴールを決めた後のセレブレーションなど、ナイジェリアの選手たちのエモーショナルな行動は、スタジアムに集まった観客を虜にしました。試合中、どこからともなくナイジェリアコールが湧き上がり、試合後には、選手や観客とハイタッチするのが恒例になるなど、サッカーはただのスポーツではなく、互いの文化を知り、国際交流のツールになることを改めて感じさせてくれました。

worldchallenge2019_nigeriaselect.JPG
大会が進につれファンが増えていった(C)吉田孝光

 

決勝戦後、大きな声援を受けていた、MVPのエイケ選手は言いました。

「お客さんがたくさん応援してくれたことが、とても嬉しかったです」

ピッチの中では味方選手を叱咤激励。ボールを持つとダイナミックなプレーで観客をわかせたエイケ選手は、スパイクを脱ぐとシャイな少年です。「お客さんは、キミを一番応援していたよ」と伝えると、かすかな笑みを浮かべ、恥ずかしそうに目を伏せました。

監督・選手たちの通訳も務めたナイジェリア人のオーナーは「このチームは今後、ナイジェリアのU-14やナイジェリア3部リーグのチーム(大人)と練習をしていきます。将来、ヨーロッパチャンピオンズリーグやワールドカップで活躍するような、世界ナンバーワンの選手を出したい」と、意気込みを語りました。

大いなる可能性を秘めた、ナイジェリアの原石たち。未来のスターを目指す彼らの今後が楽しみです。

 

【ナイジェリア選抜のメンバーリストなど】U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019 公式ホームページ>>

 

1

▼これまでの大会の記事はこちら

【2018年】3連覇狙うバルサが日本チームに大苦戦
【2017年】「ソルティーロ世界選抜」躍進の影に本田圭佑の哲学
【2016年】バルサ選手のふるまいに世界中が大絶賛
【2015年】バルサに勝った東京選抜が見つけた世界との差
【2014年】バルセロナに0-9で負けたチームが学んだこと
【2013年】久保建英選手が「バルサの選手」として出場

最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文:鈴木智之 写真:吉田孝光

関連記事

関連記事一覧へ

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019コンテンツ一覧へ(12件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019
  4. U-12世代の世界大会『ワーチャレ』で旋風を巻き起こし、初優勝を遂げたナイジェリア選抜の強さの秘密とは?