1. トップ
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2018
  4. 再びの躍進ならず... 本田圭佑の意志を共有するSOLTILOの子どもたちが得た"悔しさ"と"成長"

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2018

2018年8月29日

再びの躍進ならず... 本田圭佑の意志を共有するSOLTILOの子どもたちが得た"悔しさ"と"成長"

キーワード:SOLTILOU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジソルティーロワーチャレ

FCバルセロナの3連覇で幕を閉じた「U-12 ジュニアサッカーワールドチャレンジ 2018」。今年で6回目を迎えたこの大会に、本田圭佑がプロデュースする「SOLTILO FIMILIA SOCCER SCHOOL(以下ソルティーロ)」の世界選抜チームが昨年に引き続き出場しました。

(記事提供:ソルティーロ)

円陣.JPG

■初出場で5位、昨年以上の結果を目標に集結

昨年は初出場ながら強豪のクラブチームを倒して5位という快挙を成し遂げたソルティーロワールドセレクト。言葉も居住区も異なる選手たちによる「世界選抜」の躍進は大きなインパクトを与えました。

集合写真.jpg

2度目の出場となる今年の会場は大阪。全国に展開しているソルティーロのスクール生や、グループが運営するクラブチームの選手を対象にセレクションにて、日本から17名、中国(上海)から1名、オーストラリアから2名、合計20名が大会のために選出され、「昨年の順位を超える」という目標を掲げて本大会に挑みました。

海外から参加するチームメイトもいるとあって、全員が集まって初めての顔合わせとなったのは大会2日前。それでも1泊2日の強化合宿を経てチームメイトの性格やプレーの特性を少しずつ理解したうえで大会に臨みましたが、やはり即席チームのため普段から一緒に練習しているクラブチームの連携には一歩及ばず、予選リーグでは勝利を挙げることができませんでした。

次ページ:負けたら終わり、悔しさが選手の心に火をつけた

1  2
大会情報はこちら>>

【過去の大会記事】
ソルティーロ躍進の影に本田圭佑の哲学!2017年大会の模様はこちら>>
バルサ選手の振る舞いを世界中が絶賛!2016年大会の模様はこちら>>
バルサは負けてもバルサだった!2015年大会の模様はこちら>>
世界にチャレンジした日本勢!2014年大会の模様はこちら>>
久保建英君がバルサの一員として来日!2013年大会の模様はこちら>>

「世界基準」の選手を育成する方法
サッカー指導教材DVD「知のサッカー」はこちらから>>

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

記事・写真提供:HONDA ESTILO

関連記事

関連記事一覧へ

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2018コンテンツ一覧へ(6件)

コメント

  1. トップ
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2018
  4. 再びの躍進ならず... 本田圭佑の意志を共有するSOLTILOの子どもたちが得た"悔しさ"と"成長"