1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集
  4. バルサ、ミランのU-12監督、大会への意気込みを語る

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集

バルサ、ミランのU-12監督、大会への意気込みを語る

2014年8月27日

キーワード:ACミランコーチサッカージュニアサッカーワールドチャレンジバルセロナ指導東京ヴェルディ育成

8月27日、大和ライフクネクスト本社にて、U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014の記者会見が行われました。登壇者は東京ヴェルディジュニアの松尾洋監督、FCバルセロナのマルセロ・サンツ監督、ACミランのルカ・モリン監督、アシオップ・アパチンティのトゥメナ・イェレン監督と、大会の特別協賛社である大和ライフクネクスト株式会社 代表取締役社長・渡邉好則氏の5名。来日したばかりのFCバルセロナ、ACミラン、アシオップ・アパチンティの選手たちも参加し、セレモニーが行われました。今回は記者会見に出席した5人の監督と渡邊好則代表取締役のコメントをお届けします。
 
IMG_8929.JPG
取材・文/鈴木智之 写真/サカイク編集部
 

■FCバルセロナ マルセル・サンス監督

IMG_8879.JPG
 
「今年もこの大会にお招きいただき、ありがとうございます。我々は6月までは7人制サッカーをしていました。先日、初めて11人制の大会に参加し、またこの時期に貴重な経験をさせていただくことで、来季も素晴らしいシーズンを送れるのではないかと思っています。我々のクラブはジュニアからトップまで、プレースタイルがひとつに統一されています。このスタイルはバルセロナ・カタルーニャのアイデンティティにもなっています。戦術面でこの年代の選手に求めることは、ピッチ内のコミュニケーションです。具体的には、ボールを持っていないときの動きです。自分のためにプレーをするのではなく、味方のためにプレーをすることを教えています。ポジションごとに個人戦術を身につけさせ、ピッチのどの場所でどのようなプレーをするべきか。どんなプレーをすれば味方が活きて、チームとしてバルセロナのサッカーができるかを選手たちに落としこんでいきます。今大会は我々のサッカーでみなさんを魅了し、優勝をめざしたいと思います。私は2度目の大会になりますが、選手たちには昨年の大会の話をたくさんしました。サッカーを楽しむこともそうですが、日本にはピッチ外にも素晴らしい文化がたくさんあるので、楽しんでくれることを願っています」
 

■ACミラン ルカ・モリン監督

IMG_8901.JPG
 
「ミランのアカデミーが目指しているのは、ポゼッションしてボール支配率を高め、チーム全体で攻撃、守備をすること。サッカーは技術が重要なスポーツなので、ボールをたくさん触るトレーニングを行っています。アカデミーでは、子どもたちが生まれながらに持っている才能を重視し、一人ひとりの個性を大切にしています。アスリートを育てるといった面では強さ、スピード、持久力も大切ですが、人間として育っていくための環境づくりも重要だと考えています。我々は夏季休暇を終えて、一週間前に練習を再開したばかりなのですが、クラブとして、この選手たちならやれると自信を持って送り出しました。非常に個の力が強いチームなので、期待していただければと思います。私自身、選手たちがこの大会でしか経験できないことを持ち帰り、成長してくれることを期待しています。来日した際、空港で日本の小さな子どもたちがミランのユニフォームを着て歓迎してくれました。選手たちには、遠い日本にもたくさんのサポーターがいるチームでプレーしているのだという感謝の気持ちを忘れずに、プレーしてほしいと思っています」
 

■アシオップ・アパチンティ トゥメナ・イェレン監督

IMG_8890.JPG
 
「FCバルセロナやACミラン、日本のクラブと戦える大会に招待していただき、とてもうれしく思っています。私たちはインドネシア・ジャカルタにあるチームです。この大会はとても貴重な体験ができる場です。ほかにも海外の大会に出場しておりまして、これまでにノルウェーやオーストラリアなどの大会に参加しています。日頃の練習の成果を発揮し、ベストなパフォーマンスができることを望んでいます。普段は9人制でサッカーをしているので、この大会にむけて11人制のトレーニングをしてきました。育成に関して重視していることは、子どもたちが楽しんでサッカーをすること。練習においては、個人のスキルにあわせて指導をしています。子どもに注意しすぎて、サッカーを楽しむ気持ちがなくなってしまわないように、気をつけて指導をしています」
 
1  2
取材・文/鈴木智之 写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集コンテンツ一覧へ(14件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集
  4. バルサ、ミランのU-12監督、大会への意気込みを語る

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ