1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. サッカー未経験コーチの悩み。 選手同士の声がけ(コーチング)を増やしたい!どうすればいい?

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]

サッカー未経験コーチの悩み。 選手同士の声がけ(コーチング)を増やしたい!どうすればいい?

公開:2018年7月27日 更新:2019年3月18日

キーワード:U-10コーチング低学年声かけ小学生指導者池上正

■どうして声かけが必要なのか/オシム監督が「声を出すな」と言った理由

ikegami_column34_02.jpg
※写真はサカイクキャンプの写真です。 質問者及び質問内容とは関係ありません

「選手同士試合中に声をかけ合えるように何か良い方法を」とのご相談でしたが、目的を「声をかけ合うこと」にしないほうがいいでしょう。試合中に声をかけ合って活気のあるチームは見ていて気持ちのいいものですが、それがやらされている結果であれば少し本質とかけ離れているように感じます。

「なぜ声を出すのか」

「どんなときに必要なのか」

そこをきちんと押さえると同時に、サッカーの攻撃や守備の成り立ち(セオリー)を教えてあげてください。

元日本代表監督のオシムさんはジェフでの監督時代、逆に「声を出すと相手にわかるから声を出すな」と言い、どんなときもコーチングすべしという考え方ではありませんでした。そもそもプロや代表になると、観衆の応援で選手同士の声がけはなかなか聞こえません。

W杯でも選手たちは身ぶり手ぶりをして、ジェスチャーを使って自分の意図を伝えていました。

そんな最終的な到達点も知っておくべきでしょう。

ikegami_profile.jpg

池上 正(いけがみ・ただし)
「NPO法人I.K.O市原アカデミー」代表。
大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼児や小学生を指導。2002年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。幼稚園、小学校などを巡回指導する「サッカーおとどけ隊」隊長として、千葉市・市原市を中心に年間190か所で延べ40万人の子どもたちを指導した。
12年より16年シーズンまで、京都サンガF.C.で育成・普及部部長などを歴任。京都府内でも出前授業「つながり隊」を行い10万人を指導。ベストセラー『サッカーで子どもがぐんぐん伸びる11の魔法』(小学館)、『サッカーで子どもの力をひきだす池上さんのことば辞典』(監修/カンゼン)、『伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法』など多くの著書がある。
前のページ 1  2

【PR】4月29日~5月1日:池上正コーチによる"サッカーの楽しさを思い出す!"サッカーキャンプを開催!
ikegamicamp_sp_v3.jpg
sakaiku_line.jpg

サカイクオススメ記事やイベントをお届けするLINEアカウント!

サカイクがお届けするイベント情報やサッカーを通した子育てに関するオススメ記事をLINEでの配信をご希望の方は、どうぞご登録をお願いいたします。
※LINEアプリをインストール後、スマートフォンから下記をクリックして「お友達追加」をお願いします。


友だち追加


コーチからの質問に池上正さんがお答えします(チームの指導の悩み、例:年代がバラバラなチームの練習メニューなど)※記事になります

※質問の文言を記事にさせていただくことがあります。その際はプライバシーには配慮します。

あなたが指導している【チーム】の年代を教えてください必須

最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]コンテンツ一覧へ(86件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. サッカー未経験コーチの悩み。 選手同士の声がけ(コーチング)を増やしたい!どうすればいい?