1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. U-10にパスの意識は必要か? 個性を生かした子どもの伸ばし方を教えて

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]

2018年2月23日

U-10にパスの意識は必要か? 個性を生かした子どもの伸ばし方を教えて

キーワード:コーチングサッカーの原理原則ドリブルパス指導者池上正

■みんなが楽しくなるサッカーとは

ikegami_column23_02.jpg
※写真はサカイクキャンプの写真です。 質問者及び質問内容とは関係ありません

昨夏、FCケルンで7歳のカテゴリーのシュート練習を見ました。

3人が縦に並んでいました。うしろから順番にパスがつながり、最後の人がシュートしていました。これは最終ラインからパスが出る、中盤がつなぐ、前線のフォワードがシュートを決める。そんなサッカーの基本的な攻撃イメージを、この年齢から覚えさせていました。

練習でシュートする回数が非常に多い。そしてそれは全員が均一です。ドイツでは、ひとりでドリブルをして何度もゴールを決めてガッツポーズをしている子どもは皆無でした。

加えて、このようにすると、トラップが少しくらい下手でも、どんどんサッカーが楽しくなります。

先日、小学5年生の授業で、サッカーをしました。何度目かの授業です。私は子どもたちに言いました。

「今日は、みんなが楽しくなるサッカーをしよう。ボールを持てたり、シュートができるとみんな嬉しいよね」

そして、クラブなどで日々サッカーをしている子どもたちはゴールしても0点というルールにしました。

授業が終わると、日頃サッカーをしていない半数以上の女の子たちが、汗をいっぱいかいて私のところに来て言いました。

「池上コーチ、今日は楽しかった!」

私はそれがスポーツだと思うのです。

ikegami_profile.jpg
池上 正(いけがみ・ただし)
「NPO法人I.K.O市原アカデミー」代表。
大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼児や小学生を指導。2002年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。幼稚園、小学校などを巡回指導する「サッカーおとどけ隊」隊長として、千葉市・市原市を中心に年間190か所で延べ40万人の子どもたちを指導した。
12年より16年シーズンまで、京都サンガF.C.で育成・普及部部長などを歴任。京都府内でも出前授業「つながり隊」を行い10万人を指導。ベストセラー『サッカーで子どもがぐんぐん伸びる11の魔法』(小学館)、『サッカーで子どもの力をひきだす池上さんのことば辞典』(監修/カンゼン)、『伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法』など多くの著書がある。


コーチからの質問に池上正さんがお答えします

※質問の文言をご紹介させていただくこともあります。その際はプライバシーには配慮します。

あなたが指導しているチームの年代を教えてください必須

前のページ 1  2

【PR】4月29日~5月1日:池上正コーチによる"サッカーの楽しさを思い出す!"サッカーキャンプを開催!
ikegamicamp_sp_v3.jpg
sakaiku_line.jpg

サカイクオススメ記事やイベントをお届けするLINEアカウント!

サカイクがお届けするイベント情報やサッカーを通した子育てに関するオススメ記事をLINEでの配信をご希望の方は、どうぞご登録をお願いいたします。
※LINEアプリをインストール後、スマートフォンから下記をクリックして「お友達追加」をお願いします。


友だち追加


文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]コンテンツ一覧へ(61件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. U-10にパスの意識は必要か? 個性を生かした子どもの伸ばし方を教えて