1. トップ
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. 基礎練習になると子どもたちが飽きてしまう。効果的かつ楽しめる練習メニューはある?

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]

2017年4月28日

基礎練習になると子どもたちが飽きてしまう。効果的かつ楽しめる練習メニューはある?

キーワード:コーチングボランティアコーチ池上正

池上正さんが、ジュニア年代を指導するお父さんコーチの質問に答える「池上正コーチングゼミ」。今回は、子どもたちにとってはつまらない” 基礎練習”を楽しんでもらうためにどうすればいいか悩むお父さんコーチからの質問です。
 
これまでジェフユナイテッド市原・千葉の育成コーチや、京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターなどを歴任し、のべ60万人以上の子どもたちを指導してきた池上正さんはどのようなアドバイスを授けたのでしょうか。(取材・文:島沢優子)
 
ikegami_column04.JPG
<<勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい?
 
<お父さんコーチからの質問>
新5年生のコーチを担当しております。去年の夏からコーチを始めたお父さん新米コーチです。
 
うちのチームの子達はとにかく蹴るのが下手です。蹴る基礎練習(2人1組になってパス・パス)などの基礎の反復練習をしたいのですが、実際にやってみると、つまらない練習なので、子どもたちの気分が乗っていないのが、手に取るように分かります。
 
インサイドキック、インステップキックを反復して練習できる効果的、かつ子どもたちが楽しめるような練習メニューはないでしょうか?
 
 
<池上さんのアドバイス>
「何度も反復させなくてはうまくならない」
「地味でつまらなくても、やらせなくては次にいけない」
 
基礎的なトレーニングに対して、みなさんそんなふうに思い込んでいるようです。
 
でも、私は、どんな練習でも、ゲーム性をもたせ、楽しくやらなくては身につかないと考えています。
 
例えば、キックを何かに当てて、競わせる。2人組みになって互いの足の間にボールを通し、何回成功したか競争させる。
 
また、これらをずっと同じペアでやらずに、勝った人同士で次またやってみる。負けた人同士でやる。そんなふうに相手を変えると、子どもたちはチームのチャンピオンを目指して必死に頑張ります。それらを時間制限でやれば、子どもたちに緊張感が生まれ、動作もきびきびしてきます。ひとつのメニューをだらだらとやらずに、たくさんのメニューを試せます。
 
以下に、三つほどご紹介しましょう。
 

■楽しみながら基礎が身につく練習

「シュート&キーパー」
コーンでゴールをつくり、ひとりがシューターで、ひとりがゴールキーパー(GK)になる。シュートを外すか、GKに止められたら役割を交替。シュートが成功したら、シューターはもう一度蹴れる。制限時間を決め、時間内に決めたゴール数を争う。
ゴールの大きさや離れる距離は自分たちで決める。プレースキックだけでなく、ドリブルしてからのシュート、GKから投げられたボールをダイレクトでシュートというふうに、自分たち自身で変えてもよいでしょう。
 
「階段キック」
横にコーンを並べ、例えば5メートル離れたところに白線を引きます。2~3人が並んで蹴れる幅の白線です。その隣はもう少し後ろから、つまりコーンから10メートルくらい離れたところに線を引く。そしてまたその横はもっと後ろ、という具合に、端から階段が下がっていくような線ができます。
 
それぞれがひとりひとつボールを持って、近いところから順にキックをしてコーンに当てる競争です。失敗したら、もちろんやり直し。一番早かった人がチャンピオンです。早く蹴ろうと慌てると、いい加減なキックになりやすいので「外すと取りに行かなきゃいけないよ」とか「よく狙ってね」と声をかけてあげると良いでしょう。
 
「シュートゲーム」
二人で向かい合い、相手の足の間をゴールに見立ててシュートする。先攻、後攻と交替で行い、どちらがたくさん決めるかを争う。
 
足の間を広げたり、狭くしたり、ガニ股にしてグラウンダーでギリギリボールが通れる人工ゴール(?)をつくる子どももいます。もしくは、二人の距離を近くしたり離れたりする。こうした工夫でシュートの難易度が変わってきます。でも、それをコーチは何も言わずに、子どもたちを考えさせるようにします。
 
「もっと難しくするにはどうしたらいいんだろうね?」
「難しいことをやるほうが、みんなもっと上手くなるんじゃないの?」
 
そのような問いかけです。
 

次ページ:キックの種類は気にする必要なし


コーチからの質問に池上正さんがお答えします

※質問の文言をご紹介させていただくこともあります。その際はプライバシーには配慮します。

あなたが指導しているチームの年代を教えてください必須

1  2
文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]コンテンツ一覧へ(33件)

コメント

  1. トップ
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. 基礎練習になると子どもたちが飽きてしまう。効果的かつ楽しめる練習メニューはある?