1. サカイク
  2. 連載
  3. 楽しまなければ勝てない~世界と闘う“こころ”のつくりかた
  4. 「Jリーガーになりたい人!」で手を挙げた子はゼロ ~世界を目指す子どもに伝えるべきこと。

楽しまなければ勝てない~世界と闘う“こころ”のつくりかた

「Jリーガーになりたい人!」で手を挙げた子はゼロ ~世界を目指す子どもに伝えるべきこと。

公開:2020年1月22日 更新:2020年1月30日

キーワード:スポーツマンシップリスペクト中野吉之伴伊藤美誠全国高校サッカー選手権勝利至上主義早田ひな東京五輪池上正相手を称える

■日本の指導者が世界基準から遅れている点

sports36_01.JPG
(写真は少年サッカーのイメージです)

 

では、育成の現場で同じ変化がみられるかと言えば、決してそうではありません。

先日、私の住む岐阜で、池上正コーチや、ドイツ在住の指導者である中野吉之伴さんらを迎えてカンファレンスが開催されました。夜の親睦会に参加すると、誰もが口をそろえて「勝利至上主義の指導者は多い」と言います。怒鳴ったり、強く否定するといった圧迫する指導は相変わらず散見されるというのです。

指導者のスタイルやマインドを一日も早く世界基準にしなくてはいけません。グッドウイナーとグッドルーザーの見本を、まずは大人が示してあげてください。

 

<< 前回 | 連載一覧 | 次回 >>

 

高橋正紀さんprofile.jpg

高橋正紀(たかはし・まさのり)

1963年、神奈川県出身。筑波大学体育専門学群ではサッカー部。同大学大学院でスポーツ哲学を専攻。ドイツ国立ケルンスポーツ大学大学院留学中に考察を開始した「スポーツマンのこころ」の有効性をスポーツ精神医学領域の研究で実証し、医学博士号を取得。岐阜協立大学経営学部教授及び副学長を務めながら、講演等を継続。聴講者はのべ5万人に及ぶ。同大サッカー部総監督でもあり、Jリーガーを輩出している。
Jリーグマッチコミッショナー、岐阜県サッカー協会インストラクター、NPO法人バルシューレジャパン理事等を務める。主な資格は、日本サッカー協会公認A級コーチ、レクリエーションインストラクター、障害者スポーツ指導員中級など。

前のページ 1  2

サカイク公式LINE
\\友だち募集中//

人気サカイク主催イベントや
お得なサンプリング情報を配信中!
大事な情報を見逃さずにチェック!

友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
監修:高橋正紀 構成・文:「スポーツマンのこころ推進委員会」

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

関連記事

関連記事一覧へ

楽しまなければ勝てない~世界と闘う“こころ”のつくりかたコンテンツ一覧へ(44件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 楽しまなければ勝てない~世界と闘う“こころ”のつくりかた
  4. 「Jリーガーになりたい人!」で手を挙げた子はゼロ ~世界を目指す子どもに伝えるべきこと。