1. トップ
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. 大事な試合になると下級生優先で試合に出られない問題

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~

2017年8月30日

大事な試合になると下級生優先で試合に出られない問題

キーワード:ケガ下級生全員出場出場機会自信

今回は、少人数のチームでケガもないのに大事な試合になると出られない上級生がいることにモヤモヤしているサッカーママからご質問をいただきました。全員出場させるよう、コーチに上手にお願いするにはどうしたらよいのでしょうか。
 
自身もサッカー少年少女の母として子育てした経験を持つ、教育・スポーツジャーナリストの島沢優子が、読者の悩みに答える『蹴球子育てのツボ』。今回は全員出場しながらチームも選手・保護者も成長する方法をアドバイスします。(文:島沢優子)
 
shimazawa_column20.jpg
※写真はジュニアサッカーのイメージです。 質問者及び質問内容とは関係ありません
 
<<トレセンに選ばれるため女子チームに所属するか迷う問題
 
<サッカーママからの相談>
息子は5年生です。チームの人数が少なく5年生は7人です。
 
それなのに、県大会など重要な試合ではコーチは下の学年の子を出場させ、試合に出られない5年生がいます。我が子は何とか出ていますが……
 
見ている限りケガ等もありません。親が見ても試合に出ている子も出られない子たちも実力に差がないように思うのですが、5分、10分でも出せないのかな?と思ってしまいます。
 
全員を出場させるようコーチにお願いするなら、どういう風に声かけをすれば効果的でしょうか?アドバイスよろしくお願いします。
 
 

<島沢さんのアドバイス>

ご相談いただき、ありがとうございます。
 
全国大会につながるような重要な公式戦に上手な下級生を優先して出場させる指導者の方々を取材すると、こんな答えが聞かれます。
 
「上の大会に進むことは子どもの自信になるので、下級生でも上手な子を出して勝つことでひとつでも多く試合ができるから」
「技術が高く同じ学年では持て余してしまう子は飛び級させてプレーさせないと、せっかくの才能が伸びない」
「下の学年で上手な子を試合に出すことで、上の学年の出られない子どもたちに競争心を植え付け意欲を喚起したい」
 
一見すると、どの意見も間違ってはいないように聞こえますね。
 
ただし、ほかの方法でも子どもに自信をつけることはできるし、飛び抜けた下級生を伸ばすこともできるし、意欲も喚起できます。しかしながら、それらを実現するほかの方法を考えず、公式戦で下級生を優先して起用する理由は、試合で勝つ可能性が広がるという「メリット」があるからでしょう。
 

指導者は自分の体験を実践してしまいがち

さらにいえば、教える側の大人たちも、小さいころから少年野球やサッカー、部活動などでふるいにかけられています。試合に常時出場する「レギュラー」と、常時ベンチに座る「補欠」に分けられてきています。そのため、指導者になってふるいにかける側に回っても何の疑いもなくそれを実践します。
 
子育てを語る時「育てられたように育てる」と言われるように、体験した事をそのまま自分もやってしまうもののようです。
 
一方で、自分が育てられたように育てないコーチも増えています。
 
少年サッカーコーチのお手本にされる池上正さんは30年以上前から「全員出場」を実践されていました。同様のことを実践されてきた、東京都府中市で子どもたちにフットサルを教えていた森佳祐さんはこう話されています。
 
「試合にまったく出してもらえない子が、出してと言うと、まだ下手だからもっと上手くなってからね、と返す人がいますが、それは天に唾することになりませんか。自分の教え子を下手だから試合に出せないというのは、自分の指導力のなさですよね。自分が懸命に教えてきたのなら、ひとり残らず、さあ、試合をしておいでとピッチに送り出せる指導者でありたいですよね」
 
池上さんや森さんのような指導を志す人が増えてほしいと思います。
 

次ページ:どの試合も同じように出場させるメリットは?


あなたが抱えるお悩みに、先輩サッカーママ島沢優子がお答えします!

※相談の文言をご紹介させていただくこともあります。その際はプライバシーには配慮します。

1  2
文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~コンテンツ一覧へ(26件)

コメント

  1. トップ
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. 大事な試合になると下級生優先で試合に出られない問題