1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. チームでいじめ発見どうしよう問題

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~

2017年5月17日

チームでいじめ発見どうしよう問題

キーワード:いじめけんかストレス人間関係暴力暴言

■自分たちで解決するよう導くのが大人の役目

そして、もし、エスカレートするようなら、最初にやることはあなたのお子さんとこのことについて話すことです。
 
「A君とB君なんだけど、あれはいじめではないのかな?」「このままでいいと思う?」と問いかけてみてください。特に「みんなで解決しなさい」などと煽ることはありません。
 
「みんなで楽しくサッカー出来るといいのにね」
そんなふうに、理想のかたちを、少しの間言い続けてみてはいかがでしょうか。
 
そのプロセスで、コーチは見守るのではなく単に面倒なことに首を突っ込みたくないだけの人だったとわかった。なおかつ、いじめを受けている子がつらそうにしている。といったことになれば、今度は、いじめられている子どもの親御さんに事実のみを知らせてはいかがでしょうか。
 
そして、そのあとのことは、本人と家族、そしてチームの責任者であるコーチがどうするかだと思います。これを受けて、コーチが全員の問題として話してくれたらいいですね。
 
子どもたちは、試合で蹴ったり、暴言を吐いているA君を、必死で止めたのでしょうか。助けようとしたのでしょうか。自分たちで「どうしたら仲良くサッカーを頑張れるか」を話し合ったりしたのでしょうか。
 
そこに導けるかどうかが、周囲の大人の力だと思います。このことを、学びに変えられるといいですね。
 
子どものいじめは決してよいことではありませんが、子どもたちの育ちにとって大きな学びになるのも確かです。そして、そういった学びも、サッカーをする大きな意味のひとつだと考えたいですね。
 
 
DSC_0873_200.jpg
島沢優子(しまざわ・ゆうこ)
スポーツ・教育ジャーナリスト。筑波大学卒業後、英国留学など経て日刊スポーツ新聞社東京本社勤務。1998年よりフリー。『AERA』や『東洋経済オンライン』などで、スポーツ、教育関係等をフィールドに執筆。主に、サッカーを始めスポーツの育成に詳しい。『桜宮高校バスケット部体罰事件の真実 そして少年は死ぬことに決めた』(朝日新聞出版)『左手一本のシュート 夢あればこそ!脳出血、右半身麻痺からの復活』『王者の食ノート~スポーツ栄養士虎石真弥、勝利への挑戦』など著書多数。『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(池上正著/いずれも小学館)、錦織圭を育てたコーチの育成術を記した『戦略脳を育てる テニス・グランドスラムへの翼』(柏井正樹著/大修館書店)など企画構成も担当。指導者や保護者向けの講演も多い。日本文藝家協会会員(理事推薦)1男1女の母。

あなたが抱えるお悩みに、先輩サッカーママ島沢優子がお答えします! ※記事になります

※ご相談者様のお名前、チーム名等は記事に掲載いたしませんのでご安心ください。

前のページ 1  2
文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~コンテンツ一覧へ(60件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. チームでいじめ発見どうしよう問題