1. サカイク
  2. 連載
  3. 教えて西部さん! 初心者の素朴な疑問に答えたサッカー観戦Q&A
  4. ウイングとかボランチとか、ポジション名が複雑! どうやって覚えればいい?

教えて西部さん! 初心者の素朴な疑問に答えたサッカー観戦Q&A

ウイングとかボランチとか、ポジション名が複雑! どうやって覚えればいい?

公開:2018年6月12日 更新:2018年7月17日

キーワード:フォワードボランチポジショニングポジションルール初心者戦術観戦

それでは次の質問と回答をどうぞ。


Q.ウイングとかボランチとか、フォワードとかミッドフィルダーとか、いろいろ呼び方があるんですがよくわかりません。どうすればいいですか?

A.全部忘れてください。


Q5.jpg

【西部さんの解説】

日本では10人のフィールドプレーヤーの真ん中あたりにいる選手を「ボランチ」と呼んでます。これ、実はポルトガル語です。「ハンドル」とか「舵」という意味です。チーム全体を操縦するように、右に左にパスを送る選手だからでしょう。最も基本的なポジションはゴールキーパー(GK)、ディフェンダー(DF)、ミッドフィルダー(MF)、フォワード(FW)です。これだけ知っていれば十分です。日本語にすると、ゴールを守る人、守備者、中衛、前衛ですね。だいたいこれでわかりますよね。

ボランチはMFの中央の選手になりますが、プレーの雰囲気を表したニックネームみたいなものにすぎません。ストライカー(破壊者)なんてのも同じです。べつに知らなくても大丈夫です。何の支障もございません。

そもそも、サッカーのポジションというのはGK以外決まっていません。GKにしてもペナルティーエリアの中で手を使える、他の選手と違うユニフォームを着なければいけない、それだけの違いです。一番前に行ってもオーケーです。他のDF、MF、FWもどこにいても構いませんし、実際いろんなところへ移動します。DFはここからここまでしか動けないなんて決まりはないんです。ですから、これも覚える必要はありません。ポジション名は、いちおうの目安だと思ってください。何なら全部忘れても問題ありません。

じゃあ、どうしてポジション名があるのか。

幼稚園児に試合をさせると、だいたい「ニワトリのサッカー」になります。エサに群がるニワトリみたいに、皆がボールに群がっていく。つまり、幼稚園児のサッカーにはポジションがないわけです。しかし、年齢が上がってくるにつれてニワトリさんたちもバラけてきて、そのうちにポジションに分かれるようになります。そういうふうに教えられるということもあるでしょうが、そうしないと勝てないからです。だいたい、ずっとボールの後を追いかけていたら疲れちゃいますよね。効率化の結果が、ポジションを生み出しているわけです。

で、もっと効率よくプレーし、勝てるようにするために、ポジションをいじったり人数配分を変えたりします。それでいろいろなフォーメーションと呼ばれる代物ができてきた。ですから、DFが何人いて、MFに何人使って、という配置をみることで、どうやって試合に勝とうとしているかを読み取ることができます。

ただ、これも目安なんですね。サッカーはマスゲームではありません。そのときどきの状況に合わせて、ここにいたほうがいいと思う場所にいればいいだけです。むしろ観戦者にとって重要になるのは、ポジションよりもポジショニングです。どうして、あの選手はあそこらへんにいたのか。それを知ることで相当面白く見られるようになるはずです。

前のページ 1  2


【参加者募集】
サカイクキャンプ2018夏
今回の夏キャンプは『サッカーについてより深く考えよう』がテーマ。
自分で考えることや挑戦することが楽しくなる、そしてもっとサッカーを好きになる! 
そのきっかけに必ずなる「サカイクキャンプ」
皆様のお申し込みお待ちしております!!
キャンプの詳細、参加申し込みはこちら>>

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
提供:内外出版社

関連記事

関連記事一覧へ

教えて西部さん! 初心者の素朴な疑問に答えたサッカー観戦Q&Aコンテンツ一覧へ(7件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 教えて西部さん! 初心者の素朴な疑問に答えたサッカー観戦Q&A
  4. ウイングとかボランチとか、ポジション名が複雑! どうやって覚えればいい?