1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 小野剛氏が語る全日本少年サッカー大会

全日本少年サッカー大会

小野剛氏が語る全日本少年サッカー大会

2011年8月12日

キーワード:8人制全日本少年サッカー大会

■8人制の産みの親が見る今年の全日本少年サッカー大会

11-08-12-01.jpg 11-08-12-02.jpg

小野剛氏は1995年に日本サッカー協会・強化委員に就任以降、代表コーチ、ユースダイレクター、技術委員長などの要職をつとめあげ、日本サッカーの強化のために「ジュニア年代の少人数制サッカー導入」を提唱してきた人物です。

「少人数制導入」の提案から、およそ15年が経過した2011年。U-12の公式戦が8人制になり、全日本少年サッカー大会も8人制で開催されました。そこで、「8人制の産みの親」ともいうべき小野氏に、初の試みとなった8人制の『全日本少年サッカー大会』を振り返ってもらいました。

「8人制の導入により、思った以上にサッカーの質に関して多くのポジティブな現象を見ることができました。たとえば、意図のないロングボールが減り、パスを丁寧につなぐ場面が多く見られました。11人制よりもピッチが狭くなっているので、意図のあるパスが2本、3本とつながれば、シュートチャンスになります。子供たちが「相手のゴールをめがけて、ロングボールを蹴るだけよりもずっと効果的だ」と、肌で感じだしたように感じました。

子供たちは指導者に「こういうサッカーをしなさい」といわれたからといって、素直に実行するとは限らないもの。それよりも、試合を通じて「パスをつないだほうが、チャンスを作りやすい」と感じたら、そのようにプレーします。その辺りの損得には敏感です。そうして、「いいパスを通したい」「自分で突破したい」「シュートを打ちたい」という気持ちを持って、攻守に渡って多くの選手が関わりながらプレーをしていたところに、少人数制の良い面が出ていたと思います。

8人制になったことで、選手一人一人がボールに関わる回数が増えると同時に、プレーに対する責任も増しました。たとえば相手にボールを奪われた場合、すぐに切り替えて守備をしないと、ピンチを招く可能性が高くなります。そのような状況を肌で感じることで、選手たちが「勝つためにどうすればいいか」を考えて、「攻守の切り替えを速くしよう」「スペースに出ていこう」という意識が心の内側から湧き上がり、それがプレーに出ていたことも、ポジティブな変化でした。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

全日本少年サッカー大会コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 小野剛氏が語る全日本少年サッカー大会

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. サッカーの練習だけだと、小学生年代でしか通用しない選手に? 子どもの頃に1つのスポーツに専門特化する危険性
    2017年11月20日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  4. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  7. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日
  8. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  9. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  10. 「バルサの闘将」も学び続けていた『守備における個人戦術』
    2017年11月21日

一覧へ