1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 【全日本少年サッカー大会】ルールのまとめ

全日本少年サッカー大会

【全日本少年サッカー大会】ルールのまとめ

2011年8月 2日

キーワード:8人制ルール全日本少年サッカー大会審判

110802.JPG

■8人制で行われる2011年大会。ルールをおさらい

2011年大会から、大会の形式に大きな変更があります。これは35年に及ぶ、全日本少年サッカー大会の歴史上、もっとも重大な変更といえるでしょう。それは「8人制の導入」です。今大会から11人制ではなく、8人制で争われることになります。 ※8人制についての詳細はこちら

8人制の導入により、レギュレーションやルールが大きく変わっています。大会が始まる前に、おさらいしておきましょう。参加するのは、47都道府県の代表チームです。(前回優勝の神奈川県からは2チームが参加)。計48チームを12のグループに分け、1次ラウンド(1グループ4チームのリーグ戦)をおこないます。各グループから、2次ラウンドに進むことができるのは、成績上位の2チームです。

2次ラウンドは、24チームを8グループに分け、1グループ3チームのリーグ戦を戦います。1グループ3チームのうち、決勝トーナメントに進むことができるのは、わずか1チームだけ。準々決勝からは、トーナメント方式のノックアウトステージとなります。

■ドリームリーグって何!?

2011年大会から、通常のレギュレーションと異なる部分があります。それは『ドリームリーグ』の導入です。1次ラウンドで敗退したチームであっても、『ドリームリーグ』と呼ばれるリーグ戦に参加することができるのです。ドリームリーグは1次ラウンドの各グループの中で3、4位の2チームが参加します。つまり、1次ラウンドの上位2チームが2次ラウンドに、下位2チームがドリームリーグに進むことになります。試合をたくさん経験できることから考えると、これはすばらしい試みです。ドリームリーグの各グループ1位は『ドリームトーナメント』に進み、2回戦までを戦います。

1  2
取材・文/鈴木智之、写真/小川博久(2011全日本少年サッカー大会より)

関連記事

関連記事一覧へ

全日本少年サッカー大会コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 【全日本少年サッカー大会】ルールのまとめ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ