1. サカイク
  2. サカイクリアル
  3. サカイク親子キャンプ
  4. ※受付終了いたしました※親子でサッカーを楽しもう!サカイク親子キャンプ開催

サカイク親子キャンプ

※受付終了いたしました※親子でサッカーを楽しもう!サカイク親子キャンプ開催

2017年1月16日

★★受付終了いたしました。(2月22日現在)★★


★★まだまだ募集しておりますので、この機会に是非ご参加ください。皆様のご応募お待ちしております!(2月6日現在)★★


2月25日~26日に今年初の親子キャンプを開催します!親子でサッカーを楽しみませんか?

oyako0818.jpg
 
子どもとこんなコミュニケーションをとっていませんか?
 
・こうなってほしいという自分の想いばかり伝えている
・ついつい小言をいってしまう
・ついつい叱ってしまう
・サッカーをどうアドバイスしたらいいかわからず言っていることがバラバラ
・もっと関わりたいがためにいろいろなことを子どもに言いすぎてしまう
 
上記のような悩みは尽きないものです。ですが、親子キャンプが終わった後、あなたはこうなれます!
 
・子どもとのコミュニケーションに自信が持てる
・子どもとボールを蹴る時間が増える
・子どものサッカーをサポートするのが今よりもっと楽しくなる
・子どもの笑顔がたくさん見れる
 
今回の親子キャンプの中に解決の「ヒント」が詰まっています。何よりも子どもがサッカーをのびのび楽しくプレーできるようになり、お父さん・お母さんとのコミュニケーションが増えることでしょう。
 
お子さん、お父さん・お母さんともにサッカー経験の有無は問いません。お気軽にご参加ください!親子でサッカーを楽しみましょう!
 

■特徴その1:親子で大好きなサッカーを楽しみましょう!

oyako0818_02.jpg
 
子どもたちの大好きなサッカーを親子で楽しみながら、チャレンジ→振り返り→チャレンジで今まで以上にサッカーを好きになり、また子どもたちはサッカーでの大切なこと、そして保護者の皆様はお子様をサポートするヒントが体感できます。
 

■特徴その2:サカイクキャンプのメソッドを体感できます

oyako02.JPG
 
プロのコーチは子どもたちとのコミュニケーションで大事にしていることは何か、声掛けで注意していることとは?親子で一緒にトレーニングや親と子それぞれ別れてのトレーニングでなど、様々な場面で体感できます。メインコーチはシンキングサッカースクールのコーチでもある高峯コーチが行います。(日本サッカー協会A級コーチ)高校・大学を長年コーチしてきた経験を活かし、将来、自分で考え伸びるこどもになるヒントが満載です。
 

■特徴その3:親子でコミュニケーションアップのプログラムを体験

oyako03.JPG
 
ASEプログラムなど課題解決型のトレーニングを、初めて会う仲間と協力してみんなで挑戦することでコミニケーションの大切さを体感します。
 
<ASEプログラムとは>
「社会性育成のための実際体験(Action Socialization Experience)」といいます。Jリーグの各クラブでもチームづくりのトレーニングなどに取り入れられているプログラムで、個人では解決できない課題に対して、組織の力を結集して解決する課題プログラムです。考える力だけでなく、コミュニケーション能力などの社会的スキルも育むことができます。
 

■特徴その4:対象学年は小学1~3年生と保護者

oyako0818_04.jpg
 
プレゴールデンエイジの小学1年生から3年生。精神的自立・論理的思考能力の発達を準備するこの時期に、様々な体験をすることはとても重要です。コミュニケーションの大切さと考えることの面白さを体感するきっかけになります。
 

★親子キャンプの様子が「FOOT×BRAIN」で取り上げられました★
2015年5月に行ったサカイク親子キャンプの様子が「FOOT×BRAIN 親子で見てほしいSP~サッカーキッズ&パパママへ~」にて放送されました。(2015年5月17日放送)
 
Foot01.jpgFoot03.jpg
 
Foot05.jpgFoot06.jpg

■第1回サカイク親子キャンプのレポート記事

親子で汗を流しながらコミュニケーションを学ぶ
論理的な思考法とは?子ども向け「ロジカルシンキング」セミナー
親の「あり方」について考える保護者向けセミナー
 

■サカイク親子キャンプ参加者の声

Q.印象に残ったことはありますか?
・高峯コーチの子どもへの声掛けが素晴らしかったと共に、大人が試合をしている時の大人への声掛けも素晴らしく、
その掛け声でやる気が倍増したことで、子どもがこういう風に感じるのだなと身をもって感じる事が出来ました。
・子どもに「とにかく楽しまないとだめだよ」と教えている姿勢に共感が持てました。
つい大きな声を出してしまうことが多いので、一呼吸おいてから話して行こうと思います。
・「もっと周りを見ろ!」と子どもに言っていたのですが、自分が実際にミニゲームを体験した時に、周りを見る事が簡単ではない事がわかりました。
・良いプレイのときは『○○○いいね~』と声をかけ、続けてすぐに『もう一度チャレンジしてみよう』と、もう一言あるところが良いなぁ~と思いました。
 
Q.子どもへの関わり方に変化はありましたか?
・子どもと一緒にサッカーで遊ぶ時も練習の時も、子どもがいかに楽しくサッカーに触れ合うか、をより意識するようになりました。
・すぐに答えを言わない。答えが出ないときは、選択肢を出してどれがいいか、どちらがいいかを自分で決める話し方にする様に心がけています。
・子どもがやろうとして出来ないプレーの原因までフォローするのは、これまで意識していませんでした。もう一歩踏み込んで考えることの重要性に気付かされました。
・今までは私が主体で指示することがありましたが、子どもにも投げ掛け、子ども自身がしたいことを意識しています。サッカー以外の事でも同様です。
 
oyako0818_05.jpg
 
coach.jpg
 
高峯弘樹(たかみね・ひろき)ヘッドコーチ
takamine.jpg
 
こんにちは。シンキングサッカスクールの高峯です。
 
高校・大学のサッカー部を長年みてきて、子供達の5年後、10年後あるいはそのもっと先を考えたときに必要な力をサッカーを通じて育みたいと私達は考えます。サッカーのスキルアップを図る事はもちろん大事です。しかし子どもたちにとってそれよりもっと大切な事があるように思います。
自分で考える力・・・これを私達は大事にしています。困難にぶつかった時に自分で解決方法を考える、やりたい事が見つかった時にどうすればそれが出来るか考える。そういう力をサッカーを通じて身に付けて欲しいと思います。
子供達の明るい未来を私達スタッフと一緒に考えてみましょう!
 
【現職】シンキングサッカースクールコーチ
【資格】日本サッカー協会 A級
    ドイツサッカー協会 B級
 
【指導歴】
順天堂大学卒業後、ドイツ留学を経て、
ベガルタ仙台育成部監督
大阪学院大学高等学校サッカー部監督
(2007年高校選手権 大阪予選準優勝)
(2010年大阪府年間優秀選手2名輩出)
神奈川大学サッカー部監督
 
kaisainitij.jpg
 
■日程
2017年2月25日(土)~26日(日)
集合:13:00
解散:12:00予定
※現地集合、現地解散
 
■開催・宿泊場所
伊豆高原学園
住所:静岡県伊東市八幡野1154‐3
 
【電車利用の場合】
JR東海道新幹線または特急「踊り子」「スーパービュー踊り子」が便利です。
伊豆高原駅北側改札「高原口(桜並木口)」を出てお越しください。
 
【お車の場合】
東名高速道路・厚木ICから小田原厚木道路経由で西湘バイパスの石橋ICへ。
国道135号線を下り伊豆高原駅周辺を目指してお越しください。
 
■今回の親子キャンプについて
今回の親子キャンプは、伊東市の協力の元、1日目の夜、保護者の皆様対象にお子様の体調管理・食事サポートに役立つ「腸活支援のセミナー」を実施いたします。お子様は「星空観察ツアー」を実施いたします。
 
■対象
小学校1~3年生とその保護者の2名1組
*性別・サッカー経験の有無は問いません
 
■募集数
15組
 
■宿泊
1組ごとの部屋割りとなります
 
■参加費
1組:35,000円(税込)★子どもとその保護者の2名1組
 
※大人・子ども、共に追加で宿泊も可能です。
 
【追加宿泊費】
小学生以上:1名につき9,900円
※星空観察も追加希望の場合10,400円
 
未就学児:無料
※食事は付いておりません。ご希望の場合1名につき2,000円
 
【参加費に含まれるもの】
1泊2食代・トレーニング費用・セミナー参加費・コート代・消費税
※現地集合解散となりますので交通費は含まれません。
※参加費のお支払いはお振込みのみとなります。
 
■ご家族の宿泊
キャンプに参加されないご家族の宿泊、参加される親子と同じお部屋での宿泊が可能です。
その際、追加宿泊されるお子様の学年も明記してください。
(例)
お父さんと息子さんがキャンプに参加。お母さんと妹が同じ部屋に泊まる
※詳しくはお問い合わせください。
 
■キャンセル規定
キャンセル料金は
15~3日前:50%
2日前より:100%
 
※応募人数・その他の事情により中止になる場合があります。
※雨天・荒天時の開催について:小雨の場合には決行致します。
 
■ご協力のお願い
参加された方対象に伊東市よりアンケート用紙を配布いたします。ご回答をお願いいたします。
 
 
midashi04_02.jpg
 
お申し込みはコチラ>>
 
<注意事項>
※メールが届かないとのお問合せを多数頂いております。
受信設定をされている方は「info@sakaiku.jp」からのメールを受け取れるよう事前に設定変更をお願いいたします。
※お申し込み後、1週間経ってもメールが届かない場合、受付が完了していない可能性がございますので、下記事務局までお問い合わせください。
 
 
otoiawase_ladder.jpg
 
株式会社イースリー サカイクキャンプ事務局
〒102-0076東京都千代田区五番町2-13 五番町林五ビル4階
TEL:03-5210-1221
MAIL:info@sakaiku.jp
※営業日・営業時間:平日 10:00~18:00
1

サカイク親子キャンプコンテンツ一覧へ(11件)

コメント

  1. サカイク
  2. サカイクリアル
  3. サカイク親子キャンプ
  4. ※受付終了いたしました※親子でサッカーを楽しもう!サカイク親子キャンプ開催

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  6. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ