1. サカイク
  2. サカイクまとめ
  3. 注目ワード
  4. 太陽の光を浴びると近視が進みにくくなる!? サッカーでも大事だから知っておきたい視力の話
サカイクまとめ
サカイクまとめ

太陽の光を浴びると近視が進みにくくなる!? サッカーでも大事だから知っておきたい視力の話

サカイクまとめキーワード:中村憲剛視力視力矯正視野視野が広い近視

視力キープは生活習慣で可能

この度の新型コロナウイルスの影響での休校期間でオンライン授業や、サッカーのトレーニングなど、オンラインを活用している子も増えたようですが、「視力低下が気になる」という保護者の声も少なくありません。

年々子どもの近視は増えていると言われていますが、サッカーにおいても視野に入った情報を正しく処理し、素早く身体を動かすためにはよく見えていることが大事です。

ボールとの距離感がつかめない、パスやシュートが思ったところにいかない...など中々上手くならないのは「見えていない」ことが原因かも?

今回は、サッカーでも大事な視力についての記事をピックアップしましたので、ぜひご覧ください。

中村憲剛が教える、どうすれば周りを見ることができるようになるのか

matome0501_01.jpg

味方はどこにいるのか、相手はどこにいるのか、スペースはどこにあるのか、どこのマークが甘くなっているのか・・・

ピッチ内で素早く判断するためには、目で見た情報を正しく判断して動く必要があります。

視野の広さを武器とする憲剛選手に、どうすれば周りを見ることができるようになるのかを教えていただいたので参考にしてください。

この記事を読む

視力が下がると脳が疲れる 知っておきたい眼と脳のつながり

matome0501_03.jpg

サッカーで素早い判断をするためには、ちゃんと見ることが大事です。

プロ野球ソフトバンクホークスを始め多くのスポーツ選手に目の指導しているビジョントレーナーの小松佳弘さんが教えてくれた、視力とスポーツの関係性。

視力が低いと、脳への伝達する情報が少なく、物事を正確に理解しようとするのに時間がかかるため素早く動くことができないのだそうです。

そして、眼から入ってきた少ない情報を何とか鮮明にしようとするため、脳も疲れるのだとか。

6~13歳は身体の様々な部分が成長する発育期なので、脳の成長を促すためにも、多くの情報を得る必要があり、適正以上の視力でなければいけないのです。

スポーツに必要とされる視力とは・・・

この記事を読む

視力キープは生活習慣で可能。2時間以上太陽の光を浴びることでも近視が進みにくい

matome0501_02.jpg

 

子どもの視力低下は気になりますよね。最近は学習ツールとしてオンラインを活用される方もいますが、それによって子どもの視力が下がりそうだとう心配の声も聞かれます。

視力低下をどうすれば防げるか、保護者の大きな悩みだと思いますが、目の専門家に聞いたところ、視力低下は意識の変化で防げるのだそうです。

下がってしまった視力を上げることはできませんが、維持したり低下を予防することは可能なのだとか。

これを読んで実践してみてください。

この記事を読む

最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

コメント

  1. サカイク
  2. サカイクまとめ
  3. 注目ワード
  4. 太陽の光を浴びると近視が進みにくくなる!? サッカーでも大事だから知っておきたい視力の話