1. サカイク
  2. コラム
  3. 勉強と進路
  4. 東大卒Jリーガーが語るサッカーと勉強の両立/久木田紳吾(ファジアーノ岡山)【File.1】

勉強と進路

東大卒Jリーガーが語るサッカーと勉強の両立/久木田紳吾(ファジアーノ岡山)【File.1】

公開:2011年7月16日 更新:2013年6月 6日

キーワード:ファジアーノ文武両道

中学時代も『授業にちゃんとついていきなさい』という程度で、『塾に行きなさい』とか、口うるさくいわれたことは一度もありませんでした。また、中学時代に迎えた反抗期のときも、母親と口げんかをすることはありましたが、サッカーに関することで協力してもらえなくなるのは、僕自身が不本意なことだったので、ブツブツいいながらも最低限のことだけは行っていました(笑)」

■「小学校の文集には夢はサッカー選手と書いてありました」

――サッカーを始めたのはいつ頃からですか?

「小学校3年生から始めたのですが、当時は週3回くらいの練習でした。5年生くらいから、大会や試合にも出場するようなチームになって、本格的にサッカーをするようになりました。練習場が遠かったこともあり、サッカーに時間をとられていましたね」

――その頃の夢はサッカー選手になることでしたか?

「幼稚園の頃は生地をこねたりするのが楽しいと感じたようで、パン職人になりたいといっていたこともあるそうです。でも、小学校の文集には夢はサッカー選手と書いてありましたね。父が小学校の教諭で母も僕が生まれるまでは同じ職業をしていたのですが、僕自身は先生になりたいとは思いませんでした(笑)。本当にサッカーにのめり込んでいたので、"サッカー選手になりたい"と考えていましたよ」

■「暗記する教科の場合は、とにかく書いて覚える」

――中学生になってからは、勉強の取り組み方に関して変化はありましたか?

「小学生のときと同じように、1時間ごとの授業を大切にしました。授業ですべてを消化しようと考えていたので、中学でもまた、なにか疑問があれば積極的に手をあげていましたし、すぐに先生に聞いたりして解決していました。

テストのときは、1週間前にスケジュール表を作り、それを机の前に貼って、勉強をしていました。でも、基本的にはテスト前以外は、本当に授業だけをちゃんと聞いて理解しておけばいいという感覚で、テスト前に、いつもより少し勉強時間を増やし、もう一度きちんと復習する程度で、徹夜するというほどではありませんでした」

――では、ノートを取ることに関して何か工夫したことは?

前のページ 1  2  3
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

関連記事

関連記事一覧へ

勉強と進路コンテンツ一覧へ(49件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 勉強と進路
  4. 東大卒Jリーガーが語るサッカーと勉強の両立/久木田紳吾(ファジアーノ岡山)【File.1】