1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由

サッカー豆知識

2017年10月 5日

多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由

キーワード:Jリーガートレーニング効率睡眠練習食事

4.食事や睡眠もしっかり取る

発達段階の子ども達にとって、トレーニングと同様に十分な栄養や休息を取ることも欠かせません。部活動やクラブで一生懸命トレーニングをした後は、きちんとした食事を摂り、成長ホルモンが出るとされる夜間にしっかり眠ることが、健康な身体を作るうえでは大切なこと。
 
また、学校での勉強や宿題をきちんとこなすことや家族との会話も、成長して大人になっていくためには必要です。長時間の練習で食事を取る時間や就寝時間が遅くなれば身体の発育にも影響が出ますし、睡眠不足では学校の授業にも集中できません。
 
トレーニング時間を区切ることは、そうした選手達の成長にとってもプラスの効果があると言えます。
 
bonjitettei03.jpg
(巻誠一郎ら多くのJリーガーを指導した平岡和徳さん)
 

5.24時間を自分でデザインできるようになる

こうしたことが積み重なれば、トレーニングに臨む姿勢や1日の時間の使い方に変化が生まれ、24時間をデザインできるようになっていきます。さらには、それぞれが主体的に中長期の目標を立て、それに向かいどんなプロセスを経ていけばよいのか、ということにも考えが及ぶようになります。全体練習が100分でも、自分の強みを伸ばし、あるいは弱点を克服するための自主練習は、自ら1日をデザインして組み込めば良いのです。
 
これはサッカーにおける目標実現にとどまらず、受験のための学習から、将来どんな大人になりたいかという大きなものまで、自分なりの目標を描き、そこに向かって地道に努力できるようになることにもつながるのです。
 
熊本県立大津高校からは、多数のプロ選手だけでなく、教員やコーチとなって次の世代の育成に携わっている人材も多く出ています。その理由は、100分トレーニングの狙いに込められたような平岡氏の指導哲学やスタンスに接した選手達それぞれが、進化のための変化に主体的にチャレンジし、諦めない才能や人間性を磨いてきたからなのです。
 
 
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
前のページ 1  2
取材・文・写真:井芹貴志

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(277件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由