1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 適正サイズのシューズを履くメリットと大きめサイズのシューズを履くデメリット

サッカー豆知識

適正サイズのシューズを履くメリットと大きめサイズのシューズを履くデメリット

2015年3月30日

シューズはサッカーにおける唯一無二の「頼れるギア」です。しかし、選び方を間違えると大きなリスクが生じるという事実は、あまり知られていません。成長期のお子さんを助け、成長させるシューズ選びのすすめを、日本体育協会公認スポーツドクターの資格を持つ若木均先生(わかきKidsクリニック院長)とヒュンメルの吉田亘さんに聞きました。(取材・文/青木美帆 写真/武山 智史)
 
STS_0859.JPG
ジュニア年代の身体に詳しいスポーツドクターの若木先生
 

■日本人の子どもにフィットするシューズとは?

――大人の足と子どもの足は、どのような違いがあるのでしょうか?
若木 子どもの足は大人の足に比べて幅広な傾向が強いです。人間の足は横幅に比べて縦幅の伸び率が大きいので、成長するにつれて縦長のフォルムになっていくからです。ジュニア期ですと1年に1センチくらい縦に成長しますよね。また、アキレス腱などが発達することで、足裏のアーチも完成系に近づいていきます。
吉田 日々、子どもの足を見ていますが大人の足とはやはり違いますね。先生のおっしゃった幅広足に加え、親指が一番長い『オブリーク型』と呼ばれる足型が非常に多いです。
 
――ちなみに、足に合う靴とはどのような靴なのでしょうか?
若木 かかとをしっかりと合わせて、足先に5~10ミリほどの余裕がある状態が、適正なサイズとされています。その上で、足指の動きにある程度遊びがあると靴がさらに良いですね。見落としがちなのがシューズの高さです。甲の高さや親指の大きさに合わせないと、窮屈さや痛みが生じてしまいます。
 
――足に合わない靴を履き続けることによって、どのようなリスクが生じますか? 
若木 例えばソール部分が堅くて曲がらないような靴を履き続けると、かかとが浮いてつま先で地面を蹴るようになります。その結果、歩幅が狭くなったり、つま先がうまく上がらず「すり足」になったりすることが考えられます。
吉田 調査では、足の小指が内側に曲がる『内反小趾』や、足指が地面に接地しない『浮き指』という症状が報告されています。
 
STS_0926.JPG
日本人の子どもにフィットするシューズ作りに情熱を注ぐ吉田さん
 

■大きめサイズを履くデメリット

――「どうせすぐに買い替えるから」と、少し大きめのサイズを選ぶことにもリスクはあるのでしょうか?
若木 半年後に適切なサイズになることを想定して靴を買って、その間はインソールで対応するという考え方もあるかもしれません。でもこれでは適正な位置に指が来ずに、ソールがうまく曲がらないような気がします。
吉田 おっしゃる通りです。サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手は、とにかくピタッとフィットする靴を選びます。「ここの位置でボールを蹴ったらここに飛んでいく」という感覚をずっと同じように維持したいんだそうです。常に素足で蹴っているくらいの感覚を求めています。こういった感覚を足に植え付けていくための一つの手段として、足に合う靴を履くということを大切にしてほしいですし、靴選びこそ技術が上達する秘訣の一つだと信じています。
 
――そういう意味で、プリアモーレが0.5センチ刻みのサイズ展開をしているのはありがたいですね。
吉田 16センチから20センチまで0.5センチ刻みのシューズは初めてです。
若木 幼稚園とか小学校低学年は1年に1センチ以上大きくなりますから、親御さんにとっても助かる存在でしょう。
 
――フィットする靴で足の成長とパフォーマンスを助けるためには、もう少し買い替えの頻度を上げたいところでしょうか。
若木 ご家庭の経済状況もあるので大きくは言えませんが、お父さんが飲み会を一回我慢することで子どもの靴を一足買えると考えれば、そんなに高くないような気もします。けがをして病院にかかる費用のことを考えたら、実は正しいサイズの靴を選ぶほうが結果的に安いかもしれません。さらに、生涯スポーツとして長くサッカーを楽しんでもらうためにも、親御さんには小さいころからお子さんの靴選びを意識してもらいたいです。
 
若木先生と吉田さんの対談は、ヒュンメルHPでも公開中!!>>
 
1
取材・文/青木美帆 写真/武山 智史

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(241件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 適正サイズのシューズを履くメリットと大きめサイズのシューズを履くデメリット

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ